2011年08月31日


I子<卯年生まれI子姐さんの神楽坂ひとり暮らし>

読書メーター 続き

最近、日経にも取り上げられた読書関係のネット記録サイト。
ほぼ2カ月、なんとか続いております。数行ある感想コメント欄。
書いたコメントに「ナイス☆」マークが付けられとちょっと嬉しい。
単純なもんです。

読了すると「読んだ本」にチェックしていくわけだけど、「users」と
して読了者数もわかる。人気のマンガだと当然多いわけだけど、数冊
「1user」ってのがあるんですよexclamation&questionつまり私以外
誰もチェックしていない本が。

Bookoffの100均で買った自費出版らしき本、20年ほど前に買った再読本、
英語の勉強用の洋書、ならまだわかるけど、一般の出版社から最近出
た本でも1冊あって、一体何冊売れたんだろうか、と心配になったりする
ふらふら
実家から駅まで2キロ弱の間に、15年ほど前には4軒あった本屋が、
今は1軒だし。フリーのライター兼エディターの友人は、媒体が次々
無くなってしまい、図書館でアルバイト中。売るのも出すのも、書くのも
大変な時代です。


posted by CSNメンバー at 22:46 | Comment(0) | TrackBack(0)

2011年08月03日


I子<卯年生まれI子姐さんの神楽坂ひとり暮らし>

お昼雑感

ご無沙汰してます。ひさびさの書き込みです。なんか、どうもエネルギーが湧いてこないような毎日です。やはりこの過ごしやすさが良くないのでしょうか?この天気では、お米の収穫が心配になります。あの十数年前のコメ不足騒ぎのときほど、今のところ冷夏ではないようですが。

昼は職場にいると煮詰まるので、最近は外に出ています。といっても、周りにあまりお店がないエリアなので決まった数件をクルクル回るだけです。そのなかで、夜は飲み屋でチェーン店でないとかなりの確率でいまだにテレビを見ることができます。普段はまったくテレビは見ないので、ある意味非常に貴重な機会ではありますが、20分程度チラ見していると気が滅入ります。

まずCMの広告主のショボイこと。某占い師の携帯サイトの広告とか
墓地・墓石、さらにはサラ金対応の法律事務所!(昼間の)テレビが
皆に見捨てられつつあることがよくわかります。内容も、最近の中国
の高速鉄道事故の取り上げ方にしても、「中国はこんなにいい加減な
んですよ」とか「日本は違う」、「日本の技術を中途半端に盗むから」
という調子がありあり。挙句の果てに「専門家からは信じられないと
いう声も」って、福島の原発と何が違うだよ、と見ている人の多くが
つっこんでいるような発言まで。死人が出たことが嬉しそうにさえ見
えます(まぁ、ネットニュースも似たような見出しですけどね)。

ぁぁ、消化に悪い。もう少し店でゆっくりしたいのですが、ワイドシ
ョーを見ているとうんざりしてしまうので、さっさと店を出るしかあ
りません。チェーンでなく、居酒屋系のお昼出す店で、TV置いて
ないところ、ないんだろうか(泣。



posted by CSNメンバー at 23:38 | Comment(0) | TrackBack(0)

2011年06月22日


I子<卯年生まれI子姐さんの神楽坂ひとり暮らし>

読書メーター

最近、読書メーターというサイトを使い始めました。
読んだ本や読んでいる本、さらには積読本や読みたい本まで、
メモっておけるというもので、まぁ、いわゆる読書メモ、の
ようなもんです。本はリスト化されていて、そこから選ぶだけ。
いちいち自分で入力する必要はなし。感想も書いておけたりし
ます。

なかなか便利です。一応読んだ本はメモっておこう、書評や
本の広告を見て面白そうな本はファイルしておこうと思いますが、
なかなかできない。そうこうするうちに、メモしていない本や
切り抜きはちらばっていく、ことが少しでも防げます。

しかし、このようにネット上に自分のデーターが積み重なっていく
って、不気味でもあります。Amazonでは購入した本どころか、検索した
本からもお薦めメールが来るだけでも、不愉快なのに。このサイトも
Amazonにリンクされているから、データが集積されていくのか、その
データが単にAmazonの商売に利用されるだけならまだしも、他に回る
のかと疑い始めるときりないです。

だいたい、この読書メーター、「友達・知人と読書情報を共有しよう! 」
なんて信じられないことがデカデカと書いてあったりします。いや、そん
なこと、知り合いと共有したくないって。。。家の本棚見られるのだって、
自分の頭の中身の程度を知られるようで、恥ずかしいのに。。。。

blogranking.gif

ブログランキング・にほんブログ村へ

↑ブログを読んだらクリックしてね!
posted by CSNメンバー at 22:41 | Comment(0) | TrackBack(0)

2011年06月01日


I子<卯年生まれI子姐さんの神楽坂ひとり暮らし>

あれやこれや

なんか近年にない肌寒い6月ですね。子どもの頃は、梅雨の時期は
ストーブが出されていたことも(寒いだけじゃなく、もちろん洗濯
ものを乾かすためだったんでしょうが)あったけど、最近は大抵梅
雨も7月だし、こんな寒さを感じる梅雨はいつ以来なんだろうか、
と思う毎日です。

どうもこの時期は私と相性が悪いらしく、以前は心理的に不調なこ
とが多かったし、ここ数年は身体の調子が悪い。落ち込みやすいこ
とは、10年連用日記をとびとびにつけて気づきました。調子がいい
ときは日記なんぞ書かないから、書いてあるときは何かダメなとき。
で、この時期は記入率が高いバッド(下向き矢印)最近は、落ち込みはしないも
のの、体調は悪くなりやすい。じんましんが出てどうしようもなく
なり医者に行ったら、「去年も一昨年もですね」と言われて、びっ
くり。じんましんが出るのは以前は春先か冬の入り口だったのに。
やっぱり身体は年齢とともに変わるものですね。気をつけなくては。

さて、先日来日キャンセルのことを書きましたが、やはり続報がもうやだ〜(悲しい顔)
まぁ、地震前から「こんな顔ぶれ、多分無理」と思っていたから、
直前に買うつもりだったんですけど。それに「大好き黒ハート黒ハート」と思うほど、オペラ
詳しくないから、それほどショックじゃありませんけど、ファンの
人は残念でしょうね。とにかく、これからチケット探しです。
舞台ごとの引越し公演自体、近年の日本の経済力では不可能になる
だろうと思っていますので、METは今回が最後でしょう。多分。
折角だから見に行きます。こんなキャンセル続きの中来てくれるなら
行かなきゃなるまい、という気もするし。

それにしても、呼び屋さんというのは大変な仕事です。日本的な
用意周到さ、ホスピタリティと同時に日本人が苦手な臨機応変さと
交渉力を持たなくてはならないのですから。

posted by CSNメンバー at 23:41 | Comment(0) | TrackBack(0)

2011年05月18日


I子<卯年生まれI子姐さんの神楽坂ひとり暮らし>

物の値段って

物は出回っているし、電車も不便なく来るようになった。なんとなーく、普通に戻った生活だけど、相変わらず来日キャンセルは続いていて、改めて今の状況を振り返ることになったりする。何か新聞の記事も少なくなっているということは、悪いことが起こっているのだろう。

あの焼肉チェーンの食中毒問題も目くらましのため、と思うほど。まぁ、食中毒が起こると大抵大騒ぎになるし、死人も出ているんだから重要な問題かもしれないが。この事件で私が驚いたことは、第一に「そんなにユッケが好きな人がいるんだ」(爆)、とだった。焼肉好きだけど、カルビ&ロース&わかめスープ&サンチュ&白菜キムチ&ご飯、で十分なもんで。家族も、肉はちゃんと火を通して食べたい人間ばかりだし。人の好みは千差万別である。

このチェーンは安さが売りだったそうだが、ユッケだろうが、何だろうが牛肉で300円なんてありえない、という感覚は時代遅れなんだろうか。スーパーで普通に売っている肉の値段に店のコストやスタッフの給料がプラスされることを考えれば、それより安いなんていくら大量仕入れでもあり得ないと思うんだが。同様に安さが売りの○丼も、材料費、店の運営費、スタッフの給料等はどうなっているの?、一体何が出てくるのか、と思ってしまうんだが。

安いのはいいことではあるが、物の値段にはそれなりに理由があり、(高いからと言って良いものとは限らないが)安さには理由があるかもしれない、という感覚を私としては持ち続けたいと思ってしまう事件であった。

blogranking.gif

ブログランキング・にほんブログ村へ

↑ブログを読んだらクリックしてね!
posted by CSNメンバー at 22:26 | Comment(0) | TrackBack(0)

2011年04月21日


I子<卯年生まれI子姐さんの神楽坂ひとり暮らし>

段々元に戻ってきたけど

何故かすんなり計画停電が終了しています。やっぱり、計画停電は
東電・政府の原発PR事業だったのか、と思うくらいに。ところど
ころ空きはありますが、コンビニの棚も埋まってきており、24時間
営業も復活しつつあります。

原発問題・余震への不安による外国人アーティストの来日キャンセ
ルは続いているものの、劇場・音楽会も再開しています。この週末
は3カ月ぶりに生舞台のバレエ♪でした。たまたま公演がない時期
に地震が発生し、3月末の公演がキャンセル(T_T)され、シーズン
オフのようなバレエ日照り。長かった・・・。当初のゲストから代役
に来日してくれたダンサーたちのパフォーマンスも想像以上に素晴ら
しく、日本人ダンサーたちも良かったし、ホント幸せでした。

また電車の運航も東京近辺ではほぼ落ち着いてきたし、日常が戻って
きつつある感じがしたら・・、今朝久しぶりの人身事故の掲示が!
戻ってくるのはいいことばかりではないんですね・・・・。

そういえば福島の原発はどうなるんでしょうか。津波は天災ですが、
原発問題は人災でしょう。やはり。それなりの準備をしておけば、
ここまで酷いことにはならなかったろうし、起きたとしても別の
対処ができたはずでしょうから。でも、我々は騙されていたのか??
騙されていた、としてもそれは免罪になることではないと思います。
第二次大戦敗戦後、映画監督の伊丹万作が書いた「戦争責任者の
問題」
は今でも有効です。有効であるようなことは起きない方が
もちろんいいのですが。一部は結構有名ですね。抜粋しておきます。
全文はリンク先でご覧下さい。


  だまされたということは、不正者による被害を意味するが、
しかしだまされたものは正しいとは、古来いかなる辞書にも決し
て書いてはないのである。だまされたとさえいえば、一切の責任
から解放され、無条件で正義派になれるように勘ちがいしている
人は、もう一度よく顔を洗い直さなければならぬ。
 
しかも、だまされたもの必ずしも正しくないことを指摘するだ
けにとどまらず、私はさらに進んで、「だまされるということ自
体がすでに一つの悪である」ことを主張したいのである。
 
 だまされるということはもちろん知識の不足からもくるが、半
分は信念すなわち意志の薄弱からくるのである。我々は昔から
「不明を謝す」という一つの表現を持つている。これは明らかに
知能の不足を罪と認める思想にほかならぬ。つまり、だまされる
ということもまた一つの罪であり、昔から決していばつていいこと
とは、されていないのである。






posted by CSNメンバー at 01:19 | Comment(1) | TrackBack(0)

2011年04月06日


I子<卯年生まれI子姐さんの神楽坂ひとり暮らし>

ちょっとおかしくない??

今日、電話が壊れてかけられないという実家に顔を出し、FAX兼用機
を取り換えた。説明書通りにつなげると、無事電話をかけることが出来るよう
になった。

その後、付けっ放しのTVに気づいたら地震以降何かと話題のACのCM。
私の年代だと、公共広告機構の方がピンと来るのだが。ちょっと前までは、
○○××子は一体何度癌になったのか、とうんざりされていたのがだが、
今のはもっと不気味。何かと日本を連呼しちゃって・・・何、あれ??
気持ち悪くて見てられない。

今回の地震は津波と原発事故まで重なって、非常に影響の大きいものだけど、
日本全土同じように困っているかというと、多分違うと思う。だいたい、
神戸のときも、それはショッキングなものだったが、神戸の震災だったし、
新潟も、以前の奥尻島のときもそれぞれその地域のまず問題だった。それが、
東京が含まれると途端に「日本」となってしまう。作り手、送り手が東京に
集中しているせいとしか思えない。

もちろん原発の問題、東京の一極集中の問題、等これからの私たちにとっても
ターニングポイントになるような天災+人災ではあるのだが、それは決して
「日本を信じる」とか「日本人を信じる」等という思考停止したようなキャッチ
フレーズではくくれないものであるのだ。そして、日本だけにしか、関心が
向かないようでは乗り越えられる問題ではないだろう。

posted by CSNメンバー at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0)