2012年06月24日


A子 <OLA子のキャリアアップへの道>

CSN総会

今日はCSNの総会の日。
久々にいろんなメンバーに会いました。
最近、CSNに入会したメンバーもいて、大勢の人が
部屋にひしめきあう状態に。

今日の総会で考えたことは2つ。
1つは自分は何をするか、について。
もう1つは死について。

最近ずっと考えていたことではあるけど、今日あらためて
総会でいろんな人の話を聞く中で思った。
私は何をするのか。
カウンセリングを勉強したことを生かすにしても、生かさない
にしても、自分の何を役立てて生きていくのか。

もう1つの死は、木村先生の話を聞いて考えたもの。
私は長い間、生きたくて生まれてきたんじゃない、とか生まれて
きたくなかった、とかそんな風に考えていたけど、別にそんな
こと考えなくても、いずれ死はやってくる。
それなら、何で生まれてきたのか、とか考える必要なんてない。
いずれ死ぬ、って考えたら、今を生きようと思える。


blogranking.gif


ブログランキング・にほんブログ村へ

↑ブログを読んだらクリックしてね!
posted by CSNメンバー at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0)

2012年06月17日


A子 <OLA子のキャリアアップへの道>

イベント

今日は東京ドームで行われた嵐のイベントに行ってきました。
いつもはファンクラブのみにチケットを販売しているのだけ
ど、今回は一般にも範囲を拡大。
その結果、チケットが入手困難に。
でも、私は見事当選!やった。
ということで、友達と一緒に参加してきました。
いやー、満喫満喫。

昨日、CSNでも話したけれど、去年の震災以降、自分が
いつまで生きるかなんか分からないな、と思うようになった。
そんな風に感じるようになった人はきっと多いと思う。

それまでは、漠然と寿命に近い年齢までは生きていくのだ
ろうなと思っていたけど、明日、大災害が起こるかもしれ
ないし、事故に遭うかもしれない。
いつまで自分が生きるかなんて、分からない。

それまでは、長生きすることのリスクばかり気にしていたけど、
いつまで続くか分からない未来を不安がるよりも、今を楽しんで
生きていこうと思う。
どんな小さなことでも、貪欲に楽しもう。



blogranking.gif


ブログランキング・にほんブログ村へ

↑ブログを読んだらクリックしてね!
posted by CSNメンバー at 22:11 | Comment(0) | TrackBack(0)

2012年06月10日


A子 <OLA子のキャリアアップへの道>

姉、帰国。

今日は田植えの時におらったお米を炊いて食べた。
おいしすぎる。
いつも食べているお米と違いすぎる。
ということで、久しぶりにご飯をお茶碗2杯分食べる、
ということをしてしまいました。
こんな15年ものの炊飯器でもおいしく炊けるとは。
新しい炊飯器で炊くと、どれだけおいしいのか。

さて、話は変わりますが、今2年ぶりくらいに姉の
家族が日本に帰ってきている。
今は旦那の実家にいるが、来週には福岡の実家へ甥と
姪を連れて帰るらしい。

姉はこれまでも母とはメールのやりとりをしていたけど、
父とはしていない。
父はそんなにマメでもないし、あまり気にもしていな
かった。

今回、姉が帰国することになって、姉には父に連絡する
ようにメールしたのだけど、その話になった途端、
メールはストップ。
私が父に姉のアドレスを教えてメールをしても、返信は
ないらしい。

姉は結婚してから、父の日にはプレゼントをするなど、
特にわだかまりもないのかと思っていたのだけど、そう
でもないのかもな。



blogranking.gif


ブログランキング・にほんブログ村へ

↑ブログを読んだらクリックしてね!
posted by CSNメンバー at 22:26 | Comment(0) | TrackBack(0)

2012年06月03日


A子 <OLA子のキャリアアップへの道>

田植え

会津へ田植えをしに行ってきました。
初の田植えです。
しかも手植え。

天気予報では、今日は曇りのち雨だったので、心配して
いましたが、田植え終了までは天気がもってくれました!

それにしても、疲れすぎ・・・・。
今日はもう寝ます。
詳しくはまた!




blogranking.gif


ブログランキング・にほんブログ村へ

↑ブログを読んだらクリックしてね!
posted by CSNメンバー at 22:37 | Comment(0) | TrackBack(0)

2012年05月27日


A子 <OLA子のキャリアアップへの道>

隣の芝生はあおい。

小学校の頃からの幼なじみの女の子がいて、今は旦那の
仕事の関係で東京で暮らしている。
旦那はいい人で、子供はかわいくて、いつもその子と
会う度に、心のどこかでうらやましいって、思っていた
と思う。
割と甘えたがりなところもあり、うまく甘えることの
出来ない私は、「私はこんなに頑張って自分で生活をし
ているのに何で」っていう思いもあったと思う。

でも、当然ながら、その子にも悩みがある。
子供に、若干障害がある可能性があるそうで、これまで
も随分悩んできたらしい。

私の悩みと言えば、自分に関することばかり。
親になれば、自分のことだけでなく、子供に関する悩みが
増えてくる。
頭では分かっていたし、周りの子供を持つ友達からの話を
聞く機会もあった。
だけど、今回は「自分以外の存在に対する悩みを抱える
こと」について、しみじみと感じるものがあった。

これまで、結婚して子供を抱える人とは、自分とは環境が
違うから、という理由で、あまり近付かないようにして
いたのかもな、とも思う。
自分とは関係のないこと、と済ませようとしていたのかも
しれない。

その子は、いつもニコニコしていて、悩みなんかないだ
ろうと勝手に私が決め付けていた気がする。

親になる重み、について改めて考えさせられた。


blogranking.gif


ブログランキング・にほんブログ村へ

↑ブログを読んだらクリックしてね!
posted by CSNメンバー at 23:23 | Comment(0) | TrackBack(0)

2012年05月20日


A子 <OLA子のキャリアアップへの道>

相手の感情は相手のもの

会社で仕事のことを話している時、先輩の物の言い方にカチンと
きて、怒りを感じる出来事があった。
内容はささいなことなんだけど、自分が責められているような
感じを受けた。
これまでも、先輩の言い方にはカチンとくることが多く、その
日も時間を置いたけど、やっぱりそんな言い方をされる覚えは
ないと思い、先輩にそのことを伝えることにした。

が、話しているうちに感情が高まって、うまく伝えられず、
先輩もびっくりしている様子で、ひとまず日を改めて冷静に話
をしようということになった。

翌日、改めて話した際、先輩は自分の言い方によくない点が
あったとしたら、それは謝るけど、別に私を非難したものでは
ないと言った。
私が、何故あんな怒ったような言い方をしたのかと聞くと、
それは私に向けたものではなく、その時、二人で話をしていた
取引先に向けたものだ、という説明を受けた。

私は相手の言動を自分に結び付けて考える傾向がある。
「自分のせい」で相手がそんな振る舞いをするのだと、考えがち。
今回も、その傾向が出たかな、と思う。

相手の感情は相手のもの、自分で全て引き取る必要はない、と
いう言葉を思い出す。

今回、感情的になってしまったことは反省することも多いけど、
あのまま「自分のせい」だって、思いこんでいるよりは良かった
と思う。



blogranking.gif


ブログランキング・にほんブログ村へ

↑ブログを読んだらクリックしてね!
posted by CSNメンバー at 22:19 | Comment(1) | TrackBack(0)

2012年05月13日


A子 <OLA子のキャリアアップへの道>

精神分析講座

今日は精神分析講座の2回目。
テキストとして使用する本が決まっていて、それに沿って
進めていくのだけど、内容がさっぱり分からない。
授業は1ヶ月に1回。
次回の授業までの間に、内容をすっかり忘れてしまいそう。

講座の後に、前に一緒に授業を受けたことがある人とお茶
をした人とお茶に行った。
そこでの話で、精神分析講座に出ているのは多くが研究生
だということを聞いた。
どおりで何だかおどろおどろしい空気が流れていると思った。

カウンセリングスクールも受講生を増やすのに大変らしい。
若い子とかもあまり来ないという。
一緒にお茶をした人は、研究生として授業に助手として
参加している。
受講生はクセモノが多くて、大変な思いをして助手をして
いるようだ。

彼女は常にそんな風に人のことを思って行動する。
最初の頃は、なんでそんな風にわざわざ苦労を背負うような
ことをするのか、もっと荷物を下ろせばいいのに、と思った。
だけど、苦労しても貫きたい彼女なりの思いがあるんだな、
と今は思う。

どちらかと言えば、自分がバランスよく生きるということに
捉われているように思う。
バランスよく生きて、何も思いがないよりも、いびつだけど
自分なりの思いがある生き方をしたいと今は思う。


blogranking.gif


ブログランキング・にほんブログ村へ

↑ブログを読んだらクリックしてね!
posted by CSNメンバー at 23:38 | Comment(0) | TrackBack(0)