2006年08月27日


A子 <OLA子のキャリアアップへの道>

クリティカルシンキング

今、「クリティカルシンキング」を勉強している。
勉強している、というのは、おこがましいかもしれない。
会社の先輩に、週一回問題を出してもらって考えている。
すごく難しい。
どこから手をつけて、何をどう考えていったらいいのか、さっぱり
分からない。
頭の中で、あれこれ考えてみるのだけど、全く手応えがなくて、
「えーい、これでいいや」と提出すると、案の定こっぴどく怒られて
しまう。
でも仕事をやる上で、今ものすごく「クリティカルシンキング」を
必要としている。
今までの私は、とりあえず目の前にあるものを片付けるという仕事の
やり方しかやってこなかった。
その場その場を何とかしのいでいる、という感じだった。
だから仕事のやり方に一貫性がないし、周りの意見にふらふらと流さ
れてしまっている。
仕事のことで「どうしてそうなるの?」と聞かれても、うまく答えら
れない。
自分の感情に流されて仕事をしていたように思う。
「もっと主体性をもって仕事をやりたい!」という思いが強いのだ、
最近。
その為には感情で仕事をしていちゃ、ダメよね。
「○○だから■■です」って言えるようになろう。
「感情に流されない」という点では、カウンセリングに似ているな、
と思う。
カウンセリングも、カウンセラー自身が自分の感情に流されていては
ダメだもんね。
自分の心の動きも含めて、冷静に見つめなければ。
というわけで今日も、与えられた課題を仕上げるべく、悪戦苦闘して
います。
posted by CSNメンバー at 19:41 | Comment(0) | TrackBack(0)

2006年08月22日


A子 <OLA子のキャリアアップへの道>

台湾

昨日、台湾から戻ってきた。
土曜日に出発したのだが、丁度台風が九州付近にあって、もしかした
ら飛行機が飛ばないかも、と不安に思ってい たが、無事出発出来
た。
今回の旅でびっくりしたのは、中国からの観光客が多かったという
こと。
台湾で会うアジア系の観光客は半分が日本人、半分が中国人という
感じでした。
台湾だからだろうか?
時代は変わっているのだなーと思った。
今回の旅は母と一緒だったこともあり、現地のガイドさんがいろいろ
と車で案内してくれるものを選んだ。
いやー楽ちん楽ちん。
自分で調べたり準備したりしなくて済んだので、肩の力を抜いて楽し
めた。
母と一緒に旅をして思ったのは、母も年をとったなー、ということ。
当たり前なんだけど、自分の年齢から考えて。
時間はどんどん過ぎているのだと感じる。
結局、母に伝えたいと思っていた私の思いは伝えることが出来な
かった。
母がそれを受け止められない気がして。
相手を値引きしているのだろうか?
今回の旅で母を客観的に見ようとしてみた。
だけど彼女の行動にいらだちを覚えたり、彼女の愛情を非常に重たく
感じたりして、うまくいかなかったところが多かった。
身内、というのはやっかいなものなのかもしれない。
そんな中で常に感じていたのは「彼女の心がここにない」という
こと。
母と一緒に過ごしながらも彼女が側にはいない気がした。
心ここにあらずで、何か全く別のことを考えている気がした。
あるいは何も考えていないのかもしれない。
そんな中で、私の思いを伝えても彼女を苦しめるだけだと思った。
その前に、もっとやらなくてはならないことがあるのだろう。
posted by CSNメンバー at 21:38 | Comment(0) | TrackBack(0)

2006年08月13日


A子 <OLA子のキャリアアップへの道>

ワクワクすること

この日曜日に人材登録会社に登録しようと思っていた。
今の仕事に興味を持てず、新しいことに挑戦したいと思いつつも、
具体的には動けないでいる自分から抜けだしたかったから。
このサイトで同じようにブログを書いている男Nが、どんどん行動
できているのが、うらやましかったのかもしれない。
ただ、「自分のやりたいこと」があいまいで、はっきりとしていな
かった。
それは自分でも分かっていたのだけど、「動けば何かが変わる」と
思いたかったのだと思う。
ただし昨日の講座の後、かなりんや他の受講生と話をして、やみくも
に行動するのは思いとどまることにした。
自分のやりたいことが、あいまいなままでは、きっと私はすぐに行き
詰ってしまう。
昨日言われたのは「将来どうありたいか、ということがあって、今
何をすべきかが見えてくる」ということ。
「将来何をしたいか」ということや「どういう自分でありたいか」と
いうはっきりした絵は今の私にはない。
何となくぼんやりと「こういうイメージの自分でいたい」という画像
が断片的に頭の中に浮かぶぐらいだ。
それをきちんとした設計図に落とし込む方が先なんだろうな。
とは言え、このままじっとしていても設計図は出来上がらない。
だから今はあちこち動き回って、準備をすることにした。
いろいろな人と会い、いろいろなものを見て自分が何にワクワクする
のかを探っていく。
「ワクワクするもの」を見つけたら、それを実現する為に何から始め
たらよいかを考え行動する。
「自分がワクワクするものを見つける為に行動する」ということ自体
が非常にワクワクする。
さて今度の週末は、母親と2人で台湾へ行く。
親孝行旅行。
その時、母親に私がこれまで抱いてきた家族に対する思いを話して
みようと思う。
母を責めるわけではなく、祖母を責めるわけではなく、ただ淡々と
自分の気持ちを打ち明けたいと思う。
それで母親に何か言ってほしいわけでも、態度を変えてほしいわけで
もない。
ただ自分の気持ちを伝えたい、それだけだ。
そして今、そんなに悪くない自分がいる、ということを伝えようと
思う。
そういうわけで今度の私のブログは日曜日ではなく、火曜日にアップ
となります。
かなりん、男N、よろしくね!!
posted by CSNメンバー at 21:39 | Comment(0) | TrackBack(0)

2006年08月06日


A子 <OLA子のキャリアアップへの道>

「〜したら」

今、やりたいことが沢山ある。
あれもしたい、これもしたい、ということが次々と出てくるの
だけど、その割にはなかなか実行に移せない。
これは私のパターンかもな、と思う。
「これがしたい!」と思っても、今は時間がないから、そのうち
時間が出来たら、と先送りしてしまう。
でも働いている以上、自由な時間がまとまって取れることはまれだ。
土日などで多少時間ができても、結局こまごまとしたことに時間を
使ってしまって、日曜日の夜には「〜について考えようと思った
けど、何も出来ないまま終わってしまったな」ということになる。
「〜になったら」とか「〜したら」というのは私の逃げのパターン
かも。
「〜したら」ではなく、今この瞬間に行動しながら考えていくことが
私には必要なのでは?と思う。
そうしないと私はいつまで経ってもやりたいことを実現できない。
それは仕事でもそう。
毎日毎日残業をして、なかなか思うように自分の時間がとれない。
家と会社の往復だから自分の世界も広がらず、「もっといろいろな
経験を積みたい!」というジレンマが広がる。
じゃあ「その残業は本当に必要なの?」とか「定時で終われるように
努力してるの?」と聞かれると「うーん・・・」と言葉に詰まって
しまう。
きっと、そこまで真剣には取り組んでいない。
たぶん新しいことをしたいと言いつつ、新しいことに挑戦するのが
恐い私がいるんだろうな、と思う。
でも、それを打破したら、そこにはまた新しい自分がいるような気が
する。
新しい自分と出会う為に、今は行動しながら考えられるようになり
たい。
まずは仕事のやり方。
無意識のうちに惰性で仕事をするのではなく、常に「それは必要な
ことなのか」「どういう意味があるのか」を考えながら取り組み
たい。
posted by CSNメンバー at 21:36 | Comment(0) | TrackBack(0)

2006年07月30日


A子 <OLA子のキャリアアップへの道>

TA講座無事終了・その2

先週の日曜日で半年間に及んだTA講座を終えた。
終わるが残念で、まだあと半年ぐらい続けばいいのに、と思った。
内容的には、日常での人間関係で役立つことばかりで、自分を客観視
するのに役立っている。
ただし内容以上に私にとって大きかったのは、一緒に授業を受けた人
達の力、つまりグループの力だと思う。
4人+アシスタント1人のこじんまりとしたグループだったけど、
初めて会ってから授業を終えるまでの間に、私は様々な影響を受けた。
影響を受けた、というよりは「自分」というものを揺さぶられた、と
いった方が近いかもしれない。
メンバーの一人が話す内容にいらいらして、何故自分はこんなにいら
いらするのだろうと考えることがあった。
親から十分愛情を受けて育ち、何の申し分もなく見える人でも、
何かを抱えていると分かって驚いたこともあった。
またメンバーが私のブログに付けてくれたコメントに対して怒りを
覚え、どうして私はこんな反応をするのかと自分を見直すことも
あった。
そして途中で授業に来なくなってしまったメンバーもいた。
彼は今、一人で何を抱えているのか、と思う。
人と人が出会うことってすごいなぁと思う。
彼らの言葉や態度に私は揺さぶられ、その度に自分を見つめ直す
チャンスをもらった。
この講座を受ける前は、私は人との接触の中で感じる具合の悪さ、
というか居心地の悪さというものを、すべて相手のせいにしていた。
「あの人は私とは合わないから」。
この言葉で片付けていた。
でも今は「この人との間に感じるこの居心地の悪さは何なんだ?」と
自分を見つめ直すようになっている。
これってすごい変化だ!
この半年間で何だか自分がものすごく成長出来たみたいでうれしい!
だから途中で授業に来なくなったTさん。
私はあなたに最後まで授業を受けて欲しかったし、私もあなたと一緒
に授業を受けたかったよ。
Tさんが私に揺さぶりをかけ、私がTさんに揺さぶりをかけ、お互い
の中で化学変化が起こったかもしれないのにね。
その機会が失われたことが非常に残念です。
人生において「この人」という特定の人だけでなく、「誰か」という
不特定の人と出会うことも必要なのではないでしょうか?
Tさんが、このブログを見ていてくれれば良いと思う。
最後に、私が今後どういう風に生きていきたいか、と最近良く考える
のだが、やはり「人」と深く関われる仕事をしていきたいと思う。
これはずっとそうで、私がこのキャリアサポートネットワークに来る
前、今以上に「人と接する」ことが恐かった時からそうだ。
何故なんだろうと考えてきたけど、その根底にあるのは「寂しさ」で
はないかと思う。
小さい頃感じた「親から愛してもらえなかった」という思いが、
私をして「人」へと向かわせるのではないかと思う。
ただ、今私を「人」へと向かわせている思いは「愛してもらいたい」
というものではなく「人と深く関わりたい」というもので、
私にとってそれは決して嫌な感じがするものではない。
私の尊敬するかなりん先生、「寂しさ」が私を動かす力となっている
というこの分析はどうでしょう?
今度また授業がある時にグループの中で、このことを言ってみます。
そういうことを言えるグループがいる、というのは今の私にとって、
かけがえのないものであると思う。
posted by CSNメンバー at 23:05 | Comment(0) | TrackBack(0)

2006年07月23日


A子 <OLA子のキャリアアップへの道>

私の決断

好きな人を諦めることにした。
昨日、先生のカウンセリングを受けた後に決めた。
私は彼を「彼自身」としてではなく私の都合の良いようにねじ曲げた
「彼」として見ていた。
今までの失敗と同じように相手を美化して見ていた。
かっての私であれば、とっくに思いをぶつけていた。
そして相手に受け入れてもらえず、「やっぱり私はダメなのね」と
いうことになって終わっていたと思う。
今回はそうならないように気をつけていた。
注意しながら相手のことを思っていた。
それが余計に辛かった。
無意識の中では「やっぱり私はダメだ」と思いたい自分がいる。
一方で、そうはさせまいと意識する自分もいる。
彼から離れたいけど離れられない状態が続いて、自分でどうして良い
のかわからなくて苦しかった。
昨日先生と話したのは、彼を思い続けることで私は 「NOT OKな自分」
であることを確認しようとしているということ。
その先には「やっぱり私はダメだ」という結末が待っているという
こと。
結局私は無意識にそういう相手、つまり「私はダメだ」と思わせて
くれる相手を選んでいる。
また先生とは「彼は私の気持ちを受け入れないだろう」ということも
話した。
私は「もしかしたら私の気持ちを受け入れてくれるかも」という淡い
期待を抱いていた。
ただ、冷静になって振り返ると、彼はいつも私から逃げていることに
気付いた。
そういう出来事がいくつもあった。
だけど私は今までそれを「逃げている」とは思っていなかった。
思いたくはなかった。
「照れている」とい うように自分の都合の良いように解釈した
かった。
でも私が思いをぶつけたら、彼は間違いなく、するりと逃げるだろう
と思う。
今までの恋愛パターンがそうであったように。
何故なら私は「逃げる人」を選んでいるから。
そのことに気付くと彼に対する思いが少し冷めた気がした。
その日は、カウンセリングの後、友達何人かと一緒に彼と会う機会が
あった。
いつもより冷静に彼を見れた。
「私が思っているような人じゃない」と思えた。
そして「ああ、もういいや」と思えた。
このまま思い続けて、気持ちを伝えるだけのパワーを彼にかけること
は出来ないな、とその時思った。
そうするくらいなら、別の人と出会うことにパワーを使いたいと
思った。
だから私はもう彼のことを諦める。
ただ、これからも会社では顔を合わせるので、また引き戻されること
もあるかもしれない。
だけど、今回下した決断を大事にしたいと思う。
「OKである自分」を大事にしたいと思う。
自分がOKでいることの方が、彼を好きでいることより私にとっては
ずっと意味がある。
posted by CSNメンバー at 22:16 | Comment(0) | TrackBack(0)

2006年07月16日


A子 <OLA子のキャリアアップへの道>

劇団CSN・その2

昨日はキャリアサポートネットワークの講座で、「演劇」をやった。
男Nのブログでも触れられていたけど・・・。
先生から渡された台本に基づき、皆でかわるがわる「役」を演じて
いった。
日常の中で自分と違う「何か」になりきることなんてないので、
ワクワクした。
「声」を出すということが単純に気持ちが良かった。
最近、自分の感情が「内側」に向かっていたので、「外側」に向けて
発信することが気持ち良かったのかもしれない。
講座の後、皆でご飯を食べている時に先生から 言われたこと。
最近の私の不調はすべて「恋愛」に起因しているということ。
自分でも分かっていたのだと思う。
でも気付き たくなかった。
だから仕事だ何だと理由を見つけようとしていたのかも。
既に自分を客観的に見ることが出来なくなっている。
完全に自分を見失っている。
こうやってブログを書いている今においても、自分のこのモヤモヤと
した気持ちをどうして良いのか分からない。
これまでは素直に自分の気持ちをブログに書けたのに、今日は
ちょっとためらわれる。
ここは、もう少しちゃんと自分で自分の感情を分析してみる。
その後、先生のカウンセリングを受けようと思うので、よろしく
お願いいたします。
posted by CSNメンバー at 22:57 | Comment(0) | TrackBack(0)