2007年03月18日


A子 <OLA子のキャリアアップへの道>

昨日の夜は久しぶりに早く寝ました。
お風呂にもゆっくり入りました。
お風呂につかっている時、あー幸せだーと思いました。
最近、仕事で帰りが遅かったり、土日はCSNに行ったりで、
ゆっくりお風呂に入っていなかったと思う。
仕事だけでなく、CSNでも少し疲れていた気がします。

CSNで何に疲れていたのでしょう?
多分「人に会うこと」です。
これまで平日は別にして、土日は一人で過ごすことが多かった
気がします。
たまに友達と過ごすこともあったけど、圧倒的に一人で過ごすことの
方が多かったです。
その方が楽でした。
誰かと過ごして気を使うよりは、一人で自由気ままに過ごす方が
楽でした。
でも、楽しさはなかった気がします。
今はCSNでいろいろな人に会います。
いろいろな話をします。
いろいろな刺激を受けます。
おもしろいけれど、このところ楽しさより疲れの方が勝っていたかも
しれません。
ちょっと一人の時間が欲しいと思っていました。
慣れていないからでしょうか?
たくさんのものが私の中に入ってきて、うまく消化ができていない、
そんな疲れです。
慣れたら、疲れなくなるでしょうか?

これまで私は、これから先ずーっと一人で生きていくんだろうと
思っていました。
一生、孤独感を抱えながら生きていくんだろうと思っていました。
別にそれでいいと思っていました。
でも、最近誰かと生きていきたいと思います。
寂しさからでしょうか?
それもあるかもしれません。
ただ、今までは誰かと一緒に生きていくなんて面倒くさくて
煩わしいこと嫌!
一人の方が気楽だし、その方がいいと思っていたけど、最近は
大変でもいいから、誰かとちゃんと向かい合って生きていきたいと
思います。
大変さも乗り越えられていくのではないかという気がしています。

今日、ふと思ったことがあります。
お客さんが、いっぱい来る家を作りたいなーと。
いろいろな人が、私の家に来て、お茶を飲みながら、いろいろな話をして帰っていく。
そんな場所を作れたらいい、と思いました。
今のCSNみたいな場所ですね。
将来、そんな場所を自分の手で作れたらいいと思います。
CSNみたいな場所だけど、また違うものになるのでしょう。
どんな場所を作れるだろうか、と楽しみにしながら生きていくことに
します。
posted by CSNメンバー at 23:13 | Comment(0) | TrackBack(0)

2007年03月11日


A子 <OLA子のキャリアアップへの道>

ヨガとカウンセリング

土曜日、ヨガの先生が言った。
自分でキレイに形を決めてやろうとか、人から見られているから
ちゃんとやろうとか、そう思っているうちは、体に力が入ってしまっ
て、出来ていないものだと。
そんなことは考えず、形なんてどうでもいい、自分の出来る範囲で
やろうと体に集中した時に、力が抜けて出来るようになっているもの
だと。

さて、その前の金曜日にCS講座でレポートの発表をやった。
昨年の9月から、3回にわたり自分がカウンセラー役となって行った
カウンセリングのサポートだ。
一通りレポートを読み上げた後の皆の反応は鈍かった。
口が重く、私にどう伝えたものかと考えあぐねていたようだ。

今回のレポートの中で、私は「感情の反映」をはきちがえていた。
今までの講座の中で、散々「私自身の持ち味が生きてない」と言わ
れ、感情の反映とは、自分の感じた感情をカウンセリングの中で出す
ことだと勘違いをしてしまった。
その結果、相手を自分と混同し、カウンセリングを行いながら、相手
ではなく自分としか向かい合っていなかったようだ。

それは違うと言われ、また分からなくなってしまった私。
感情の反映って?
相手の感情を反映すること・・・うーん。
そんなの私出来ない!! と思ったけど、「普段やってるじゃない?」
と講座のメンバーに言われた。
普段やってる?私が?うーん・・・自覚がない。
わからん、わからん・・・カウンセリングって、どうやればいいの?
と、また頭の中がぐるぐるぐるぐる・・・。
頭の中で、考えてしまっているから、こうなってしまう。
それは分かる。
ヨガと同じで、あれこれ考えているうちは、体に力が入ってダメなん
だろう。
力を抜いて、今、目の前に居る「その人」に集中できれば、出来る
ようになるのだろう。

そういう意味で、頭で考えるのではなく、体全体で感じ、行うものだ
と思う。
まだ私は五感で感じる、ということに疎い。
すぐ頭で考え、ダメだと思う。
自分の感覚に自信がないから、人の言う事に頼ってしまう。
CSNでいえば、かなりんの言う言葉を、そうだそうなんだろう
私は、と思い、丸ごと飲み込んでしまう。
自分の中に、体に「そうだ!」という感覚がないままに頭で理解しよ
うとするから、そうなる。

でも、頭で考えたことだから、自分のものであるという実感が薄い。
だから自信が持てない。
ヨガの先生も、ヨガを頭で考え、理解しようとする人は上達が遅い、
と言っていたっけ・・・。

もっと自分の体で感じるようになろう。
これって、頭で考えて出来るようになるものではなく、体験して自分
の体で覚えていくことなんだろう。
posted by CSNメンバー at 23:37 | Comment(0) | TrackBack(0)

2007年03月04日


A子 <OLA子のキャリアアップへの道>

職場で

先週、職場でこの半年間の自分の仕事に対する評価のフィードバック
がありました。

上司とこの半年間の私の仕事ぶりについて、面談を行うのです。
まず「何をしたら満足なの?」と聞かれました。
何をしたら満足? 私は何をしたら満足なんだろう?
そんな質問がされた意味は良くわかっている。
表面的には仕事をこなしているものの、何に対しても興味を持たず、
達成感も持たず、本当に淡々と面白くもなさそうに(不満そうに?)
仕事をしている私に対する投げかけ。
今は何をしても満足じゃない私。

その後も話は続いた。
「自分の足りないところは?それを埋めようと、必死にやるものじゃ
 ないのか?」
「何になら一生懸命になれる?」
「あなたの能力が他の部署で生かせるのなら、異動という手もある
 けど、今のあなたでは、自信を持って他部署へ推薦することはでき
 ない」

いろいろな言葉に対して、そうだ、そうだろうな、と思いながら聞い
ていた。
なんだか言葉が遠かった。
のらりくらりと質問に答えていたんだけど、そのうち涙がぽろぽろ
出てきた。
こういう時、涙をこらえて私は歯をくいしばったり、舌をかんだりし
てこらえようとする。

でも、いったん涙が出てしまうと、もう抑えられない。
職場で泣くなんて、子供みたいだな。
いい年して何やっている んだろう、と思いながら。
そんな中で、私は時間がほしい、と言った。
NPOに入っていて、そこに使える時間がもっとほしい、と言った。

今の職場では、残業残業で早くにあがることは難しい。
恒常的に忙しく、暇な時期があまりない。
先週、転職のことでかなりんのカウンセリングを受けた時の言葉だ
な、と思いながら話した。
そして、ああそうか、私やっぱり自分で自由に使える時間がほしいん
だな、と改めて思った。

今でこそ、仕事に対してやる気のない私だけど、始めからこうでは
なかった。
最初は、この会社で出世してやる!と思っていた。
念願の本社に異動になった後も、がむしゃらに仕事をしていた。
残業をして、いつも会社で夜ご飯を食べていたし(これは今もかわら
ないか・・)、平日に仕事が終わらなかったり、大きな仕事がある
場合には、進んで土曜日に出勤していた。
それでいいと思っていた。それで自分の評価があがるなら、と。
仕事で自分を実現することが、私にとって一番大事なんだ、と思って
いた。
でも本社に来て3年くらい経った時から、ふと疑問を持つように
なった。
何私仕事ばかりしてるんだろう?
なんでいつもいつも会社で夜ご飯なんか食べてるんだろう?
休日ぐらい、自分の好きなことをしたい、と思った。
そして仕事の手を抜くようになった。
そんなに一生懸命しなくたっていい。
ほどほどでいい。
土日になんか、出勤する必要ない。
今までは進んで仕事を取りに行っていたのに、取りにいかなく
なった。
面倒くさくなった。
そしたら、上司も私にはあまり仕事を回さなくなった。
それでますます私は仕事から引くようになった。
そして、今の私がいる。
中途半端な私。
今の私が中途半端なことは良くわかっている。
「だって仕事が面白くないんだもん、悪い?」みたいに上司に反抗し
ている子供みたいな(甘えてる?)私がいることも分かっている。

「時間がほしい」なんて正直に上司に話したことがよかったのか
どうかは分からない。
正直に話さずに、うまく立ち回ればよかったのでは?とも思う。
さて、これからどうするかね。

今、私は2つの選択肢を思い浮かべている。
@もう一度心を入れなおして、仕事に身を捧げる。
ANPOでの活動をどんどん広げていきながら生きていく。
@の方が、なんだか楽に思える。
決められた枠内で仕事をしていけばいい。
安定している気もする。
でも、Aの道があることに気付いてしまった。
NPOで2年近く過ごしてきた。
このことを、ないことにすることは出来ないな、と思う。
ここで過ごした時間を無視して、@の道にもどるなんて、出来ない
んじゃないかと思う。
ここからが大変!ほんと全然楽じゃない。
ちゃんと一歩一歩進んでいけるのかも不安。
私のことだから、「やっぱりあの時、@の道を選んでいれば・・」
なんて思いそう。
でも、以前かなりんがブログのコメントで書いていたように、目の前
のことを越えていくことに集中しようと思う。
その先に何がまっている?なんて不安になるんじゃなく。
その為に、今は少しでも時間を作ろう。
posted by CSNメンバー at 23:52 | Comment(0) | TrackBack(0)

2007年02月25日


A子 <OLA子のキャリアアップへの道>

仕事

今日はものすごく眠った。
夕方5時まで眠った。
途中目を覚まして水を飲んだりしながら、ひたすら眠った。
お腹もすかなかった。
ものすごく疲れていたんだと思う。
最近、ずっと仕事が忙しくオーバーワークだと自分でもわかって
いた。
何かに駆り立てられるような感じ。
頑張っていないと、自分が必要とされていないように感じてしまう。
それで必要以上に頑張りすぎてしまう。

もう少しすれば、少しは落ち着くと言い聞かせてやってきたけど、
ずっと続く忙しさに体がまいってしまったんだと思う。
中学校や高校の時、勉強ばっかりしていたのと似てる。

いい大学に入って、有名企業に入って、高い給料をもらわないと、
自分の価値がないように感じていた。
それ以外に自分に価値を求めることが出来なかった。
ぴーんと糸が張ったような感じ。

会社で、そんな状態でいるので、周りの人は私に近寄りにくい。
声も掛けにくい。
でも、それでもいいかーと思ってしまう。
周りの人が声を掛けやすい状態を作ってしまうと、それだけどんどん
仕事が増えて、ますますオーバーワークになる。
そんなことにならないように、私は人をピシッとはねつける。
でも、そんな張り詰めた状態で仕事なんかしたくない。
もっと体の力を抜いて仕事をしたい。
働き方を見直してみよう、と思う。
きっと私がそんなにガムシャラに働かなくても、周りの人は私を
見捨てたりしないだろう。
posted by CSNメンバー at 22:29 | Comment(0) | TrackBack(0)

2007年02月18日


A子 <OLA子のキャリアアップへの道>

人を遠ざける

最近、私は自分で人を遠ざけているなーと思う。
自分では遠ざけようと思って遠ざけているわけではない。
その逆で人に近くにいてほしいと思っている。
だけど、そう願えば願うほど遠ざかっているような気がする。
その原因は自分の気持ちをストレートに投げすぎるからだろうか。
気持ちというより感情。
それを相手がどう受け止めるか、ということは考えず、「だって私は
こんなにイライラしてるし、それはあなたのせいよ」みたいな感じで
投げつけてしまう。
これって「C」の状態だなーと思う。
相手がどう感じるかなんて関係ない。
自分の感情で頭がいっぱいになっちゃって、わーって出しちゃう。
いっときでも、自分の中に抱えていることが出来ない。
「今こんなにパニックになっているんだから近寄らないで」って
感じ。
これじゃー人は寄ってこないよね。
自分でシャットダウンしてるから。
周りの人と自分の距離が非常に近い。
常に中心に自分がいて、周りの人がそれを囲んでいるような錯覚。
実際にはそんなことはない。
それぞれが、それぞれの位置にいる。
それぞれが苦しみながらも自分の人生を生きている。
その中で、人は人と出会い、時間を共有する。
自分の為に生きている。
それなのに、それを、まるで自分に害を及ぼす敵であるかのように
捉えてしまう私。
これが、私の中に人がいないということなんだろうか。
周りの人が自分の為にいるようにしか捉えられない。
人はそれぞれに自分の荷物を背負って生きている。
誰も荷物を抱えていない人なんていない。
楽をして生きている人なんていない。
その上で人と関わって生きている。
ついつい自分の苦しみばかりに目がいってしまって、周りの人のこと
を考える余裕をなくしている。
誰も他人の荷物を代わりに持ってあげることは出来ない。
自分で背負うしかない。
人は自分の荷物を抱えて苦しみながら歩いているんだけど、そんな
時、励ましあったり、いたわりの声を掛けあえられるのが、仲間なの
かな、と思う。
posted by CSNメンバー at 21:58 | Comment(0) | TrackBack(0)

2007年02月11日


A子 <OLA子のキャリアアップへの道>

TA講座の後

23時現在、まだ恵比寿にいます。
明日は仕事なのに・・・。
今日は13時からTA講座。
もうかなりの時間をここで過ごしています。

最近、講座とかで恵比寿に来るときはたいてい長時間滞在します。
授業が終わった後、みなで雑談しているとこうなっちゃいます。

最近は、そんな時間にほっとします。
落ち着くことができる場所だと思う。
そんなことが安心してできる場所というのは私にとっては初めての
体験だと思います。
今まで、そんなに安心できる場所なんてなかったなー。
今も、ちょっとびくびくしながら、ここにいるような面はあるけど。
臆病なので。
ちょっとした言葉に過剰に反応して、「私ってそうなの?」とか、
思っちゃうこともある。
まだ完全に自分を解放できていない感じだけど、まだまだこれからで
すね。

今日、かなりんに指摘された「他者に思いをはせる」ということも
できていけるようになりたい。
もう眠たいし、意識ももうろうとしているので、自分でもまとまりの
ない内容だなーと思いつつ、今日はこれで終わります。
posted by CSNメンバー at 23:18 | Comment(0) | TrackBack(0)

2007年02月04日


A子 <OLA子のキャリアアップへの道>

寂しさ

好きな人のことを諦めよう、と決意してから、しばらくの間は
「寂しさ」が私の中にあった。
心細くて、誰かに頼りたくて仕方がない感じ。
でも、CSの授業の中で「寂しさ」はリアルフィーリングではないと
言われた。
最初それを聞いた時、私はものすごくショックを受けた。
(実はそれを教えてもらったのは初めてではなく、昨年TAの授業の
中でも習ったらしいのだが、私はすっかり忘れていた。)
今まで、私の人生の中で「寂しさ」というのは常に私の隣にあって、
何かにつけて私の心を襲ってくるものだったからだ。
それがリアルフィーリングじゃないなんて!
じゃあ、私が今まで感じてきたものは何?って思ってしまった。

でも確かに「寂しい」という感情は、何も解決しない。
「寂しさ」が引き金となって起こした行動で、良い方向へ向かった
ものはない。
かなりんは「寂しさ」とは、過去の体験から来るものだと言った。
私は家族の中にいても、誰も頼れる人がおらず、一人ぼっちのように
感じていた子供の頃のことを思い出した。

「寂しさ」がリアルフィーリングではないと知った今、その感情は
脚本に気付く「しるし」になる。
「寂しさ」を感じる時、私は脚本に入りかけている。
今は寂しくはない。
何か状況が変わったわけではない。
以前と同じ環境。
でも、寂しさはない。
それはCSNのおかげだろうと思う。
CSNの存在を知らなければ、私は今も寂しさを抱え続けていた
だろう。
CSNの誰か一人の存在のおかげでそうなっているわけではないと
思う。
CSNという場所が、私にはある。
そう思えることで、寂しくないと思える。
posted by CSNメンバー at 23:30 | Comment(0) | TrackBack(0)