2008年06月22日


A子 <OLA子のキャリアアップへの道>

9年間の重み

この土日はCSNの用事で大阪に行ってきた。
久しぶりの大阪。
2年前に友達の結婚式で行って以来。

大阪で暮らしていたのは、もう8年前になる。
そんな前だっけ?と自分でも思うくらい。
大阪で暮らしていた時の自分は、今の自分と
全く別の人のように思えてくる。

大阪では5年過ごした。
4年間は豊中で大学生活を送った。
1年間は門真で働いた。
今思い出すのは、社会人になってからのこと。
今の状況と重ねているからだと思う。

就職して最初の1年間は本当に大変だった。
お店での仕事が本当に嫌だったから。
カッコいいオフィスでバリバリ働いている姿を
思い描いていたのに、現実の私はボロボロの店内を
エプロンにスニーカー姿で走り回っている。
自分のこうありたい姿にとりつかれて、どうしても
現実の自分を受け入れられないでいた。

のんびり、ぬくぬくと育ってきた私いとっては
お店での人間関係もきつかった。
お店で働いている人は、社員でない人の方が
はるかに多く、これまで接したこともないような
人も沢山いた。
私には乱暴で荒々しく感じた。
どう接していいのかも分からなかった。
それこそ毎日ビクビクして生活していたと思う。

不規則な休みにも、夜遅いシフトにも慣れず、
体調がいつも良くなかった。
休みの日はストレス疲れでぐったりして、
ベットの上で横になっていることしか出来なかった。

こんな始まりから、よく9年間も働き続けられた。
仕事で辛いことがあると、よく会社で泣いたし。
でも、9年間働き続けられてよかった。
嫌だからと言って2〜3年で辞めていたら、
その後私はコロコロ仕事を変えていたかもしれない。
そうしたら、今よりももっと自分に自信が
持てなかっただろう。
こんな状態でも9年間も仕事を続けられたことは
自分の実績として認めてあげたい。



blogranking.gif


ブログランキング・にほんブログ村へ

↑ブログを読んだらクリックしてね!
posted by CSNメンバー at 22:51 | Comment(0) | TrackBack(0)

2008年06月08日


A子 <OLA子のキャリアアップへの道>

自分の気持ち

私は周りのことばかり気にしている。
きっと小さい時からの癖だ。
周りの人が、今どんな気持ちなのか、
そればかりが気になった。
いつもビクビクしていた。

相手の感情の波で自分に害が及ぶのが
恐かったのか、
自分が何かをしでかして、周りの人の
気分を損ねさせるのが恐かったのか。

周りの状況で自分が振り回される気がして、
周囲の人の気持ちに耳を澄ます方が、
自分の気持ちに耳を澄ますよりも、
ずっと大事なことに思えた。
自分の気持ちは、そんなに大事ではない
気がしていた。

今は自分の気持ちにきちんと耳を澄ます
ことがこんなにも難しい。





blogranking.gif


ブログランキング・にほんブログ村へ

↑ブログを読んだらクリックしてね!
posted by CSNメンバー at 23:01 | Comment(0) | TrackBack(0)

2008年06月01日


A子 <OLA子のキャリアアップへの道>

嫌だけど

金曜日はCS講座の日だった。
カウンセリングロールプレイのケースレポート
発表の日。
転職に疲れていることを理由に、ギリギリまで
レポート作成に取りかからなかった。
そのおかげで、先週1週間は会社から戻ってから
深夜までレポート作成に悪戦苦闘。

時間をかけて表面を整えてみても、
うまく内容を掘り下げられない。
結果CS講座で指摘されたのは
「カウンセラーの逆転移」。
これまでロールプレイのレポート発表を
する度に指摘された逆転移。
自分の感情を自分でとらえきれていないこと
から起こる逆転移。

その日、講座の最後に先生から宿題を出された。
自分の感情をとらえる為の練習。

私は自分の感情を見たくない。
思いもよらない感情が出てくるのが嫌でたまらない。

先生から言われたのは
「私の魅力を引き出す為の宿題」。
そう思うと嫌なことも取り組める気がしてきた。
同じことに取り組むにしても、目的やイメージを
どう描くかで取り組む自分のモチベーションが
変わってくる。

これってどんなことにおいても言える事。
私は仕事でどんなイメージを描くのか。



blogranking.gif


ブログランキング・にほんブログ村へ

↑ブログを読んだらクリックしてね!
posted by CSNメンバー at 22:49 | Comment(0) | TrackBack(0)

2008年05月25日


A子 <OLA子のキャリアアップへの道>

今まで何回も何回も壁にぶち当たった。

私はその壁を乗り越えようとはせず、
避けてきた。

そこを通らなくてもいように
別の道を探した。

そしたらまた別の壁が現れた。
私はまた、避けた。

そうやって避けて避けて、
ぐるぐる回った。
いつも壁の向こうには行けなかった。

また壁にぶち当たった。
逃げてしまいたい私がいる。
この壁を乗り越える苦しさを思うと
逃げたくてたまらない。

不安を抱えながら進んでいくって、
本当に恐い。

人は皆、こんなに恐く苦しい思いを
しながら生きているんだろうか。



blogranking.gif


ブログランキング・にほんブログ村へ

↑ブログを読んだらクリックしてね!
posted by CSNメンバー at 21:58 | Comment(0) | TrackBack(0)

2008年05月18日


A子 <OLA子のキャリアアップへの道>

青い鳥症候群

転職して思った。
自分が青い鳥症候群だということに。
「自分の居場所はここではない。
 もっと自分にあった仕事がある。」
前の職場ではずっとそう思っていた。
もっといい仕事が、ここではないどこかに
あると思ってた。
いざ転職してみると、そんなに夢のような
職場や仕事は転がってないって気付く。

どの仕事にも、それぞれ大変さがある。
どの職場にも良い面と悪い面がある。
この部分は前の職場の方が良かったって
思うこともいっぱいある。

でも、もう後には戻れない。
先に進むしかない。
そう思っても新しい環境に慣れるには
大きなエネルギーがいる。

今はこの仕事が嫌だっていうより、不安が大きい。
「ここでやっていけるかしら」っていう不安。
ともするとくじけてしまいそうになる。

今は弱音を吐きたい。
弱音を吐いてもどうにもならないことは
わかっている。
でも、弱音を吐きたい。
自分一人で抱えるのは、とても大変だから。
CSNの皆さん、今度会うときは私の弱音を
聞いてください。




blogranking.gif


ブログランキング・にほんブログ村へ

↑ブログを読んだらクリックしてね!
posted by CSNメンバー at 22:44 | Comment(0) | TrackBack(0)

2008年05月11日


A子 <OLA子のキャリアアップへの道>

「知る」ということ

私には知らないことが沢山ある。
そして、「知らないもの」に怯えている。

自分が恐いと思っているもの、
不安を感じているもの、
その「対象」について、私はよく知らない。

知らないのに、よく分かっていないのに、
恐いものだと思いこんで、勝手に怯えている。

よく調べれば、「対象」についてよく知れば、
対策も打てるのに、ろくに調べもしない。

「対象」は私の中で、実物の何倍にも膨れ上がり、
恐さを増し、私の心を揺さぶる。
「大変なことになるよ、取り返しがつかないよ。」
そう言って、私の心を襲ってくる。

その度に私は不安になる。
「どうしよう、大変だ。きっと私はだめだ。
 こんなことになったら、生きていけない。」
そう言って、私は途方にくれる。

私が恐がる「対象」は、そんなにひどいものなのか?
実物大は、そんなに恐ろしいものなのか?

私は目の前の「対象」を見てはいないのだ。
私の頭の中で、妄想の中で、作り上げられた
「対象」を見ているだけだ。
その妄想上の「対象」に怯えているだけだ。

もっと「対象」を実物大で見ないといけない。
もっと「対象」について詳しく知らないといけない。
そして、「対象」に立ち向かう対策を自分で考え
ないといけない。

それが「A」を使うことだって、ようやく分かってきた。




blogranking.gif


ブログランキング・にほんブログ村へ

↑ブログを読んだらクリックしてね!
posted by CSNメンバー at 22:54 | Comment(0) | TrackBack(0)

2008年05月04日


A子 <OLA子のキャリアアップへの道>

新しい会社へ!!

行ってきました!新しい会社へ。
1日目は16時過ぎまで研修を受け、その後
配属先へ。
2日目は、丸一日配属先で過ごした。

はっきり言って、ものすごく疲れた。
大したことはしてないのに、本当に疲れた。
仕事をするどころか、座っているのが精一杯。
7年前に、前の会社で店舗から本社へ異動に
なった時のことを思い出した。
それまで店舗で動き回って仕事をしていたのに、
急にデスクワークになって、一日中座って仕事を
しないといけないのが苦痛でたまらなかった。

今回もそれに似ている。
前の職場では、あちこちの部署に顔を出して、
話をする必要があったので、そのことが気分転換に
なっている面があった。
でも、今回の職場は違う。
他の部署との調整が必要な部署じゃない。
全部自分達で完結させる部署だ。
気分転換にふらりと話をしにいく所なんてない。
それに気付いた時、急に不安になった。
気分転換なしに、仕事なんて乗り切れない。
ずーっと机に一日中座っていたりしたら、
私の中の子供が騒ぎ出してしまう。
「息苦しい、窮屈だ」って。
でも、何か別の気分転換の方法を考えるしかない。
もう前の職場とは違うのだから。

何か困難なことが起こると、私はいつもどうやって
それから逃れるかということを考える。
今まで、ずっとそうだった。
逃げたい。
出来れば立ち向かいたくない。
困難があると分かると、私はくるりと背を向けて
走り出す。
そしていつの間にか「なんで私ここにいるの?」
というような場所にいる。

そこに踏みとどまって困難に立ち向かう。
それを今回やってみるか。
困難に立ち向かうことは恐い。
自分がどうにかなっちゃうんじゃないかと、
恐ろしくなる。
私は小さい子供になって、ブルブル震えている。

でも、ここまで来たら、困難を乗り越えるしかない。
後ろにさがる道はないから。
そんなもの用意されてないから。
自分の進む道は自分で作るしかない。
恐さや不安を抱きつつ、目をぎゅっとつむって、
前に進むしかないって思う。

転職することを決心した時、つくづく
「私はずーっと子供でいたかったんだ」と気付いた。
前の会社では、新入社員からずっといたことや、
年上の社員が多かったこともあって、随分かわいがられて
過ごした。
そのことを自分でもよくわかっていた。
私は、子供のまま振舞っても大丈夫なんだって、
私は特別なんだって、心のどこかで思ってた。
でも、そんな状態は長くは続かなかったと思う。
あと2〜3年は、子供のままで過ごせたかもしれない。
でも、それ以上はムリだっただろうって思う。
やっぱり今が変わる時期なんだ。
今が、これからが私の正念場。



blogranking.gif


ブログランキング・にほんブログ村へ

↑ブログを読んだらクリックしてね!
posted by CSNメンバー at 23:35 | Comment(0) | TrackBack(0)