2009年12月09日


スイマー <実業男スイマーの世渡り流々>

海賊の目に映るもの。

 8日夜、俳優のジョニー・デップさんが主演映画のPRのため、
ロサンゼルス郊外からプライベートジェットで成田空港に到着した。
2年ぶり6度目の来日で、約1000人のファンに出迎えられた 【時事通信社】


 このブログをお読みの方の中で、
「デップ様ぁ〜〜」なんて黄色い声を上げながら
成田にお迎えに行かれた方、いらっしゃいますか?

 私なんか冷めたもので、
そんなスーパースターの来日が
フジの夕方のニュースで大きく取り上げられているのを見て、
「これのどこが報道に値するのだ!?」
なんて勝手なことを言っていた人間です。

 ただ、
だからと言って別にチャンネルを変えるわけではなく、
放送=送りっぱなしの言葉よろしく
ただ流れてくる情報を浴び続ける感じだったのですが・・・。


 番組のキャスターとデップ氏のインタビューの中で
デップ氏が自身のファンの存在について聞かれた際、
私にとって印象的なこんな事を言っていました。


“自分にとってファンとはファンではない。
彼らは自分の映画をお金を払って見に来てくれているのであり、
その意味においては自分の雇い主なのだ。”



 今日、今歳末初めての忘年会に望んだ私は、
ちょっとこの言葉を借りて一説ぶってしまいました。

 私にはファンはいませんが、
こんな精神性なら持っていたいものです。



blogranking.gif

ブログランキング・にほんブログ村へ

↑ブログを読んだらクリックしてね!!
posted by CSNメンバー at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0)

2009年12月02日


スイマー <実業男スイマーの世渡り流々>

ボトルネック。


 先日友人と晩ご飯を食べていた時のこと。
「最近肩こりが気になってね・・・」なんて私が言ったので、
友人がファイテンのわっか(笑)をくれました。
陸自仕様の迷彩柄で、通常は売ってないものらしく、
彼も航空ショーに行った時に手に入れたとのこと。

 チタンが効くと言われ始めて久しいですが、
別に無視するわけでも信用していないわけでもなく、
ただ試す機会がなかっただけの私でしたので、
特に何の疑念もなく、わっかを首につけて一晩寝てみました。
そして翌朝、何事も無く目覚めてちょっと事務仕事を片付けて
現場に行ったのです。
そして昼前くらいでしたか、
衝撃の事実が明らかになりました。

 肩が軽いんです♪

 たった一晩つけていただけなのに、
正直驚きとともに嬉しさ爆発状態!!
ある程度プラセボ効果が関わっている可能性はありますが、
全く気にならないレベルまで改善している現状からして
これは本物と言わざるを得ないでしょう。
ほんと、試してみないと分からないものですね。



 かくして、
非常に身体が楽になったスイマーは、
今までより仕事を効率的にこなすことができるようになり、
従来と比べると、睡眠時間が少し増えました。
何となく頭もスッキリしてきた感じで、
決断や行動も早くなった気がします。
だから今日のブログはUPが早い・・・
ま、ここの関係性は微妙ですが^^;

 それにしても、
ここ最近の仕事の受注数の増加具合が半端でなく、
しかも下手にボリュームの大きな仕事がちょこちょこあって
捌くのに四苦八苦している状態です。
しかもここにきて、
ついにスイマーにも桁の大きな仕事が回ってきまして、
その準備にも奔走中。
規模のでかい作業部隊を組織しなければならず、
本業の合間に業者探し。
そして焼きドーナツにもチカラと時間を使いたいし、
もうすごいことになってます。
先日来、かなりんに半ばぼやきのように
「私が3人いればいいのになぁ」なんてつぶやいていたりして、
例年の高需要期の手一杯を超える手一杯振りに
我ながら半ば呆れています。

 こちらの受け口が広ければ
事業がどれだけ大きかろうとすんなり流してしまえるんでしょうが、
私という狭口が事業の円滑さを損なう大きな要因になっているわけです。
これは今に始まったことではなく、
以前から私自身の、そして私の事業の大きな問題点でありました。

 しかし、
最近事情がちょっと変わってきました。
ここ2年ほど私の本業の手伝いをしてくれている若者が、
この1ヶ月ほどの仕事においてかなり安心できるレベルに
仕上がってきました。
スキル面では言うに及ばずですが、
新人への指導や客先での適切な対応など
劇的に良くなっている印象です。
すかさず、今後の仕事においてより積極的に関わってくれるように
諸々の提案をしました。
彼が中心となって1つの事業が動いていくビジョンが
初めて見えてきました。
これは最近の私の仕事において非常に大きなトピックであり、
更に大きな展開をみせる可能性を秘めた金の卵のようなもの。
壊れないように育てていきたいと思います。

 そして、
降って湧いたような大きな仕事の話についても、
ちょうど先ほど非常に協力的な業者さんとの話がつながりました。
この会社、某大手フィルムメーカーの仕事を一手に引き受けているような
大きな仕事をしていらっしゃる業者さんで、
私が必要としている100人規模の現場部隊の編成もこれで可能になりそう。
これからも新しい業者さんは探しますが、
とにかくこれで一息つけるというものでしょうか。


 私は相変わらず1人しかいませんが、
私に協力してくれる人がいて、
私とともに働いてくれる人がいて、
私を見守ってくれる人がいる。
そんな人々の支えの頼もしさを
ちょっと背中に感じられるようになったスイマーです。
広口ボトルにちょっと近づいたかな(笑)



blogranking.gif

ブログランキング・にほんブログ村へ

↑クリックひとつであなたもなかま!

posted by CSNメンバー at 22:20 | Comment(0) | TrackBack(0)

2009年11月25日


スイマー <実業男スイマーの世渡り流々>

気分次第ですって。

 おかげさまで
いつも以上に駆けずり回っているスイマーでございます。

 そんな私が、今日も帰宅は23時前。
それでも元気に仕事をこなそうという気になっているのは、
今日の現場での作業が、信じられないくらい
自分のイメージ通りおさまったから(喜)

 ほんと、気分って大事ですよね。
以前、笑顔のチカラが何とか、みたいな事を書いたけど、
人間がポジティブな気持ちを持った時の強さって
自分でも、「へっ!?」って思ってしまうほどの
パワーを持っていることがあるようですね。

 とはいえ、
ぶっ飛ばしちゃうと後が大変なんで、
ほどほどにしとくことにします。



blogranking.gif

ブログランキング・にほんブログ村へ

↑ブログを読んだらクリックしてね!
posted by CSNメンバー at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0)

2009年11月18日


スイマー <実業男スイマーの世渡り流々>

あ、やるときゃやらなきゃだめなのよ。

 お気付きですか?
えぇ、パクリですが何か!?(笑)

 もっともタイトルにはほとんど意味無く、
帰ってくる時運転している時に
私の頭の中で横山剣がこの曲を歌っていただけの話。

 この前の日曜日、日帰りで岡山に参りました。
長距離の高速移動は結構疲れるものですが、
東京に戻ってきた時には案外元気だったりして
そのまま行きつけのお店に行って晩御飯を食べたりしてました。

ちなみに、疲労の波は月曜の夜に襲ってきてしまい、
眠すぎて早々にフトンに倒れこんでしまいました(苦笑)
寝るときゃ寝なきゃ、もちませんから。。。


 
 実はこの前日の夜、

っていうか朝、

7時過ぎまで飲んでまして、

8時45分の飛行機にギリギリで間に合いました・・・(汗)


 何でそんなことになったのか??


 その飲み会に初めてのメンツがいまして、
どんな感じになるか全く未知数だったんですが
場が予想以上に盛り上がってしまい
私的にその場を離れられなくなくなってしまったのです。
とはいえ、
行くときゃ行かなきゃ、ということで
後ろ髪を引かれる思いでその場を後にしました。
私が出た後、さすがに散会したようですが、
楽しかったのは私だけではなかったようで
火曜の夜に早速呼び出しがかかったりして・・・
(さすがにそれは断りましたが)
たまにはそんな素敵な出会いがあってもいいですよね♪



blogranking.gif

ブログランキング・にほんブログ村へ

↑ブログを読んだらクリックしてね!!
posted by CSNメンバー at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0)

2009年11月11日


スイマー <実業男スイマーの世渡り流々>

「始まれば終わるよ」

 先週末の私は、
家族の行事があった為に
実家の方に戻っておりました。

 短い滞在期間を終えて東京に戻ってきた翌日、
実家から送った荷物をほどいていたその時
イグサの香りが漂ってきたのです。

 ちょうど実家は畳を表替えしたばかりで、
家中にイグサのいい香りが漂っておりました。
その香りが私の服に移っていたようなのです。
畳以外にも屋根や外壁の塗り替えやら
庭の整理などが終わった後だったので、
まるで新築の雰囲気♪
いつもと違った気分の帰郷滞在のことが思い出されました。

 実家での滞在期間のある夜に
兄弟でお酒を飲んでいたときのこと。
地元で音楽活動をしている弟が
ある放送局の(地元では)有名なアナウンサーさんとの
打ち合わせの席での話をしてくれました。
彼女が若手だった頃に仕事について悩み、
番組の収録や取材が非常に苦痛だったことがあったそうです。
ただそんな日々を過ごしていた時に
はたと思い浮かんだ言葉が

「始まったら終わる」

だったとか。
始まった仕事はいつか終わる。
今は苦しいけど、それが永久に続くわけじゃない。
こういうところに思い至ったそうです。
それから少しずつ前向きに仕事ができるようになり、
今や地元では知らぬ者はいない
名アナウンサーでいらっしゃいます。

 エピソードはともあれ
私にとっては言葉そのものの響きがとても印象的で
意識の中に強く残りました。

 
 ちなみに、
この言葉をある近しい年配の方にお話したところ、
「そうそう、終わったらまた始まるしね」
との返事が返ってきました。
(伝えたのは飽くまで言葉だけですよ)


 人それぞれこれらの言葉を聞いての印象は違うでしょう。
ただ今の私はこう解釈しておこうかな、と思っています。

 〜始まった苦しみはいつか必ずわる〜

 〜終わった幸せはいつかまた始まる〜


 さ、明日はきっといい日だわ♪



blogranking.gif

ブログランキング・にほんブログ村へ

↑今日はポッキーの日!!
posted by CSNメンバー at 23:30 | Comment(0) | TrackBack(0)

2009年11月04日


スイマー <実業男スイマーの世渡り流々>

笑いのチカラ

 ここ最近、
タイトなスケジュールに押され気味で
どうも身体も気持ちもダルい感じになっていた私がおりまして、
そこから抜ける突破口も見つからず、微妙に暗い気分に
浸っていたわけですが・・・、

 先日、なじみのお店に行った時、
あっという間にそんな闇が吹っ飛ぶ出来事が起こりました。
お店の店長さんとバイト君と私の三人で
昔のCMについて話していた際に
(長くなるので割愛します)
バイト君の発した一言が


「そのCMが流れていた頃、僕はまだハナタレ小僧ですから」


 この言葉が店長さんと私のツボにはまって、
2人してずっと笑い転げていました。
彼が鼻水を垂らしている姿がバッチリ目に浮かんでしまったんですね。
文字通り“今年1番の笑い”でございました。
おかげで私の中の闇に一筋の光明が差し込み、
その日の夜はとてもいい気分で休むことができました。

 例えば気分が優れない時に、
口角を上げて笑う表情を作ると
それだけで気分がやわらかくなるらしいです。
(時々実践してますがね。意外と効果あります)
更にはお笑い全盛の昨今、
芸人の「笑わせよう」とする笑いに寄っかかるのも
それはそれでいいことです。
ただ、日常のちょっとした明るい出来事で笑うことは
こちらが構えていない分だけ
インパクトも効果も比較にならないくらい強いのかな。
少なくともその時の私には素晴らしくよく聞く滋養強壮剤になりました。

 笑いによって生まれる
ポジティブな感覚って、
ほんと素敵です。



blogranking.gif

ブログランキング・にほんブログ村へ

↑ブログを読んだらクリックしてね!
posted by CSNメンバー at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0)

2009年10月28日


スイマー <実業男スイマーの世渡り流々>

騒々しい日常。

 今月も順調に月末が近づいて参りました。
そして、何より年末の声が聞こえ始める時期になって参りました。
ここ数ヶ月、「もしかしたらうちにも不況って関係あるのかな?」って
考えが頭の片隅をよぎるような、受注の落ち込みがありました。
しかし、ここにきてそんな懸念がウソのような
スケジュールが続いております。
おかげさまで本来済んでいる筈の作業(新規スケ作成とか、報告書の作成とか)が
遅れ始めており、ジリジリとする日々が続いています。
考えようによっては大変有難いことなんですが、
各種作業の遅れによってご迷惑をおかけしている各方面には
ご理解下さっていることを有難いと感じつつも、
やはり申し訳ないことには変わりなく
改善せねばとは思っているのですが・・・

 そんな矢先(?)の今日の午後、
私にとっては衝撃的なニュースが飛び込んできまして。
一昨日誕生日を迎えた私の友人女性が、
誕生日の翌日であった昨日の午前にバイクにはねられたとの知らせが入ったのです。
実は私、その前日の誕生日にお祝いを伝えられず、
昨日バースデーメールを送ったのですが
彼女には珍しく返信が無く・・・
本来なら「変だな」と思うところが、
スケジュールを捌くことで必死だった私は気にも留めず
そのままになっていたところだったのです。
一旦事務所に帰った後、取る物も取敢えず
新宿区内の病院に入院する彼女を見舞いに行きました。
全身打撲に骨盤骨折。
最低3週間の入院と聞いていましたが、
実際はいつまでかかるか分からないとのこと。
顔の擦り傷と目の周りのアザが痛々しい彼女でしたが、
「打撲したのも、骨折したのも、入院したのも初めてだよ」と
静かに笑っていました。

 彼女の事故の件もそうですが、
私の周りでは最近事故や病気・トラブルの話が絶えません。
幸いなことに私自身が当事者になった話はありませんが、
一つ間違えば、なんてことは実際に起こっています。
至極当たり前の事ですが、他人に起こったトラブルを
如何にして自分自身に生かすかということは、
一個人としても職業人としてもやはり大事なことでしょう。
ある人は「何も無いのが当たり前」として緊張感を持って仕事に当たっておられます。
トラブルが全く無いという状態は、稀有なことだと思います。
いや、トラブルが無いことよりも、トラブルを起こさない緊張感を維持する事こそ
もっとも難しい。
今私の周辺で起こっている一連の出来事を、
緊張の糸が切れる寸前の状態にある自分の鏡として受け入れられるなら、
私自身ももう少し余裕を持つ努力をできるかもしれない。

 その為の“気持ちの余裕”を作ろうとしているスイマーです。



blogranking.gif

ブログランキング・にほんブログ村へ

↑皆さんの気持ちの余裕は?

posted by CSNメンバー at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0)