2010年03月25日


スイマー <実業男スイマーの世渡り流々>

今日はつぶやきで・・・。

 本日お会いした
某会社の経営者の方が、
「自分達の周りの人たちに支えられてこそ
自分もやってこられた訳だし、
それを感じるからこそ
更にみんなといい仕事をしたいと思うからこそ
自分を鼓舞して頑張るんだ」
そんなことをおっしゃっていました。

 この話を聞いて、
ジブリの鈴木プロデューサーが
NHKの番組に出演された時におっしゃった言葉を思い出しました。

〜プロフェッショナルとは?〜

「=みんなの期待に応える・・・、そんな気がします」

 期待に応えるって大変。
でもだからこそ、
応えられた時の充実感と
周囲の人々の笑顔って堪えられない。

 今は自分の事でいっぱいいっぱいの私ですが、
前述の経営者さんや鈴木プロデューサのような言葉を
実感を込めて口にできる、
そんな自分をイメージしながら
わが身に渇を入れる毎日です。



blogranking.gif

ブログランキング・にほんブログ村へ

↑ブログを読んだらクリックしてね!

posted by CSNメンバー at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0)

2010年03月18日


スイマー <実業男スイマーの世渡り流々>

OFFが取れない男。

 全国8千万人の職業人の皆様、
こんばんは。

 私ことスイマーは
諸般の事情により、
(ま、仕事なんですが^^;)
今夜一晩都内の某所にて
詰めています。
残念ながら一晩うちに帰れません。
それどころか、明朝事務所に帰っても
午後からアポがある為
ゆっくり眠ることもままなりません。

 そんないつも通りの
とんでもないスケジュールの中に身を置く私ですが、
今週月曜日に珍しく休みを取りました。
仲間内で三浦半島〜鎌倉周辺を巡ってくる企画を立て、
朝みんなで品川駅に集合したのですが・・・、
電車に乗る直前、
なんと取引先からの電話!
電車の時間までに終わったからよかったようなものの、
出かけたそばから出鼻をくじかれるようなその連絡に
げんなりしつつも、
何とか気を取り直して出発したスイマー一行でありました。

 そういえば一昨年、
1週間ほど無理やりスケジュールを整理して行った
サンフランシスコでも、
夜中にケータイが鳴って何度か起こされたっけ。。。

 人に乞われることというのは
大変ありがたいことですし、
それが信頼を受けている証だとすれば
得がたいことであるとは思います。
しかしそれによって
自分らしさを取り戻す機会を失うとしたら・・・。

 ジレンマというほかありません。

 がしかし、
限界を超えぬ為にオフの時間を作ろうと
スケジュールを調整し、
それまでの時間限界まで仕事してたりする。。。

 ジレンマというほかありません。

 そんなこんなで、
スイマーは相変わらず
仕事から離れられないのでありますです。


blogranking.gif

ブログランキング・にほんブログ村へ

↑ブログを読んだらクリックしてね!!
posted by CSNメンバー at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0)

2010年03月10日


スイマー <実業男スイマーの世渡り流々>

ちょっと・・・。

 テンパり気味です。
同時並行で物事が進むって大変です。
それに乗っかってしっかり捌くって結構大変です。
しかし、
そのうちのどれかを諦めてしまうと
その後に起こる出来事(トラブル?)はもっと大変です。
だから結局動いてしまうんです。

 はい、
パターンです。
「もう無理っ!!」
って感じで投げ出しちゃったことが
今まで何度あったか。

 だから、
そうなる前に
先に投げ始めました。
人に。
そう、お願いできるところは
お願いしちゃおうとしているのです。
どうやったら上手に動いてもらえるのか、
それを考える毎日です。
 
 ちょっと疲れてきています。
体が?気持ちが??
どっちもです。
だから最近、強制的に休みを取って
全く仕事のことを考えない状態を作ったりもしています。

 とはいえ、
いろいろな人や物事が目の前を巡っている
結構楽しい日々です。


blogranking.gif

ブログランキング・にほんブログ村へ

↑ブログを読んだらクリックしてね!!
posted by CSNメンバー at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0)

2010年03月04日


スイマー <実業男スイマーの世渡り流々>

魔法の○×。

 なぜだかこのタイトルが浮かんできました。
今から書く内容については異論のある方もいらっしゃるでしょうが、
文字通り徒然なるままに書き綴っておるだけのことにつき
ご容赦を賜りたし。


1)魔法のハコ
 =テレビ

 テレビが登場した頃、
これを目の当たりにした人々が
「ハコの中に人が入っとる!!」
と言って仰天した、なんていう
話を聞いたことがあります。

 それから幾年月・・・
テレビは普及して1家に1台のものになり、
更には箱型だったものが液晶時代の到来で薄型になり、
現在では1人1台、いや1人数台(ケータイすらテレビ!!)
いまやいつでもどこでもテレビが見られる、
そんな時代になりました。

 かつては、
それそのものが魔法だったテレビは
今度はテレビの流す映像や情報が魔法となって
見る人々に作用するようになりました。

私自身、、シャワーのように浴びせられるその魔法の力に
浸りきっている一人です。
ドラマの世界にあこがれ、
世界の自然に魅せられ、
ニュースが報じる出来事に一喜一憂し
はたまたアニメの世界に夢を重ね・・・。
生まれてこの方、いろんなものを与えてくれました。
そしておそらくこれからも。

開発されて80有余年経った今でも
変わらないその威力は、まさに驚愕の一言です。



2)魔法のノート
 =Let's Note(←私の場合)

 IT花盛りの現代。
考えてみれば、ITなんて言葉が当たり前すぎて
小泉首相が叫びまくってた頃と比べると
その言葉への人々の関心が薄れているような気もしますが、
ITへの依存度はますます高まっているのも事実。

 私は今、Let's Note無しの日常は考えられません。
彼の活躍で、私は外にいながらオフィスさながらの
パフォーマンスで仕事をすることができます。
メールは送れる、ネットのシステムの確認はできる、
書類の授受は朝飯前。
場合によっては自分のフォトアルバムを開いて
疲れた心をリフレッシュ。

 まだまだフルに活用し切れてないのですが、
もしこやつを完全に使いこなしたら
私の身にとんでもないことが起こるに違いない!?



3)魔法の糸電話
 =ケータイ

 さっき若干出てきましたが、
今やテレビすらみられるケータイ。
最近仕事用ケータイをいわゆるスマートフォンにしたのですが、
キーボードはついてるし、オフィス系アプリのファイルはいじれるし、
へたするとLet's Noteの活躍を食うんじゃないか、
的な超高機能満載!!
Bluetooth機能付きで、ついに無線イヤホンマイクを導入し、
いちいち車移動の時にハンズフリーに接続する手間も消えました。
それどころか、両手を使って仕事をしながら
電話できるこの効率性は、ハンパじゃありません。

 ますます、ケータイから離れられなくなっている私です。



4)魔法の絨毯
 =オデ号(my愛車)

 彼については言うに及ばずでしょうか。
このブログにもたまに登場します。
CSNの諸々の行事などでも活躍してますし、
私の仕事・プライベートにおいて、
彼の存在は不可欠です。
ほんと、どこまでも快適に、そして早く
私を運んでくれます。
毎日の仕事で一緒なのはもちろんのこと、
友人達と旅行に行ったり、
一人で実家往復(1,400km!!)してみたり。

 彼の魔法は、素敵な思い出すら創り出してくれています。



 はぁぁ。。。
自分で書いてて、
キリがないことに
ようやく気付きました(・・;)



5)魔法の薬
 =笑顔

 CSNのみんなの笑顔、
チーム烏山の面々の笑顔(注釈:個人的な遊び・飲みチームです)、
仕事先の方々の笑顔、
(新旧たくさんいますが)友人達の笑顔、
いろいろとお世話頂いている関係先の方々の笑顔、
そして、家族の笑顔。

 昔だったらこんな事を言うのは
憚られたかもしれないんですけど、
実際、自分の周辺の方々が笑顔でいてもらう為に
仕事ができたらどんなに幸せだろう、なんて
考えることがよくあります。
その笑顔を見て、心が癒された事が
何度あったことでしょう。

 自分の周囲の人の存在とその笑顔は
今の私に間違いなく力を与えてくれています。
ほんと、支えてもらってます。



 とりとめがなさすぎるので、
今日はこの辺で。。。



blogranking.gif

ブログランキング・にほんブログ村へ

↑ブログを読んだらクリックしてね!
posted by CSNメンバー at 21:52 | Comment(0) | TrackBack(0)

2010年02月18日


スイマー <実業男スイマーの世渡り流々>

ソ・ム・リ・エ♪

 おかげさまで、
あっちこっちと引っ張り出されて
自分がどこの誰なのか見失いそうになりそうなスイマーです。
そんな多忙の折、何ともタイミングの悪いことに
風邪様とランデブーすることになってしまいました(涙)
しかも、私がもっともご一緒したくない
気管支系の御仁であらせられます。

 もともと
私は風邪をひくと、咳を多発する傾向にあります。
今回は、まさにその咳のみの風邪なのです・・・。
鼻水とか、鼻声とか、喉痛などを伴えば
それなりに風邪っぽいんですが、
ただただ咳と痰だけなので
あんまり自分的に「風邪をひいた」感じがしないんですね。
そうは言っても
胸の真ん中が若干重苦しいので、
やっぱり気管支炎なんだろう的推定で
何となく納得しています。
もっとも、
その鼻水とか、鼻声とか、喉痛とかがないおかげで
随分楽ではあるんですがね。

 そんな自分が消耗気味の時の方が、
自らの限界を感じるのか
通常の自分よりも上手にプライオリティをつけて
仕事ができている気がするんですよね。
うまく諦めているというか、
ある意味支障が出ないように
最低限の仕事だけこなしているというか・・・(苦笑)

 以前書いたように、
職住合体の生活を送っている人間なので
通常のサラリーマン諸氏よりも
有効に時間は使える身のはずなんですが、
そんな現状+上記のような最低限の仕事に絞っても
寝るのが25〜26時の状態が続いています。

 そろそろ、別の何かに頼る時期に来ているのではないかと
真剣に模索し始めています。
新たに人を入れることは無論検討していますが、
いかに自分の通常業務を効率的にこなすかということを考え
evernoteなるものを導入しました。
更に今週末にはblackberryを購入すべく
ちょっとヨドバシカメラに行ってこようかと。。。


 風邪+仕事に迫られているこんな私は
ここ数日ドリンク剤のお世話になっています。
一日中車で動き回っている身ゆえ
コンビニに立ち寄る機会が多いのですが、
その際にドリンク剤を買います。
感心したのが、風邪や発熱による疲労回復用のものが
発売されていたりして、
ドリンク=リポDみたいな古い構図の世界に生きていた私には
文字通り目から鱗です。

 今週に入ってからもう何種類飲んだでしょうか。
リポDは言うに及ばず、
エスカップ、ゼナ、果てはルル(風邪薬じゃないのがあるんですよね)まで。
今日は帰りがけに、何となく効きそうなユンケルの箱を手にとって
ペットボトルの水とともに買ってみましたが、
コンビニ扱いにもかかわらず
950円!!!(!?)
これで明日の朝ちゃんと目覚めなければ
所詮その程度のもの!?!?


 どうも物理的に仕事から離れなければ
休めない体になっている私は、
来週火曜に友人に誘われるがままに
箱根の温泉に行ってきます。
ただ、この時間を空けるために
火曜まで目いっぱい仕事をすれば、
結局その1泊2日ではリフレッシュできないほど
疲れを溜めてしまうんじゃないか・・・。

 どうにも
このスパイラルから抜け出す方法は、
まだまだ見つかりそうにありません。


 ただ、
意外と私は
今のこの状態を
楽しんでいます。

 それが
唯一自分を保っている
要素なのかな、と。


 そのうち
ドリンク剤全種類制覇!なんて
喜んで言ってるかもしれません♪

 あ、ほんとに言い出したら
「スイマー、休め!」と命令してやってください(苦笑)


blogranking.gif

ブログランキング・にほんブログ村へ

↑ブログを読んだらクリックしてね!!
posted by CSNメンバー at 22:15 | Comment(0) | TrackBack(0)

2010年02月11日


スイマー <実業男スイマーの世渡り流々>

豊かな時間の過ごし方・・・。

 京王線・聖蹟桜ヶ丘駅。
私が東京に来て最初にお世話になった町です。

 住み始めて2年目のこと、
駅から歩いて5分ほどのマンションの1階に
バーがオープンしました。

 その場所がちょうど駅から自宅へ向かう道の途中だった為、
私はオープンから程なくしてその存在に気づきました。
毎日のようにその店に目をやり、
カウンターのお客さんやバーテンダーさんの動きを気にし、
「入ってみたい」という思いを強くしていきました。

 そしてある日、
そのガラスの扉は開かれました。


 それから10年。
その店はまだその場所にあり、
私の帰りを待ってくれています。

 千歳烏山に引っ越して以来、
聖蹟在住だった頃と比べると
行く頻度は減りましたが、
今でも折をみて訪れています。

 昨晩もまた、
あの座り心地の良い椅子に
身を任せてきました。

 ドラフトギネス、
ハバティーニ、
ジン・アンド・イット、
マッカラン12年、
スプリングバンク25年、
デザート替わりのグラスホッパー。

 その後、
更にビールを1杯御馳走になった上に
カクテルコンペ用の創作カクテルを試飲して
一しきり盛り上がった後、、
ようやく席を離れました。
 
 たまたま同じ時間に居合わせた
昔なじみのお客さんとも旧交を温め、
本当にすばらしい時間を過ごすことができました。
帰る場所があることがこんなにも素敵なことか、と
改めて感じた宵でした。


 そんなBar Unknownが
いつまでもそこにあり続けることを
願ってやみません。

IMG_2311.JPG

blogranking.gif

ブログランキング・にほんブログ村へ

↑ブログを読んだらクリックしてね!!
posted by CSNメンバー at 23:26 | Comment(0) | TrackBack(0)

2010年02月04日


スイマー <実業男スイマーの世渡り流々>

犬達の宴。

 私が住む街、京王線・千歳烏山駅にて、
昨年あるチームが結成されました。


 その名も
“チーム千歳烏山”
 まんまです。


 基本的には、いわゆる‘飲みサー’的集団でして・・・
月に一回「夜会」なる飲み会が開かれ、
だいたい夜が明けるまで
(場合によっては明るくなっても)
飲み、食べ、遊び、語り、笑い、騒いでいます。

 この集団、
夜会以外にもちょこちょこつるんでまして、
今週月曜日も集まっていました。
調布のとあるお店で飲んでいた我々が
家路につこうと外に出たところ、
皆のテンションが一気にヒートアップ!

 無論、理由はただ一つ。

 雪です。

 お酒が入った上に
来る時より更に積もったその白い雪が
集団のギアをトップに叩き込みました(笑)
皆が雪を踏みしめる感覚に酔い、
雪を投げ(背中に入れる奴がいなくてよかった・・・)
独特の静かな空気を味わい尽くしました♪
しまいにはスライディングしたりするのがいたりして、
とてもいい年の大人の集団とは思えないような有様(苦笑)
♪犬は喜び庭駆け回り♪ってメロディが聞こえてくるような。。。

 それにしても、
一面に積もった雪に
初めて足跡をつける瞬間って
なんであんなに気持ちいいんでしょうね。

 ところで
駅まで向かう道中、
ある銀行の前で倒れている年の頃30前後の男性を発見。
ジャケット無し、かばん無し、靴無し。
しかも雪の中で滑ったせいで全身ズブ濡れで、
誰かに電話しようと携帯をいじっているが
うまくいかない様子。
この男性、
近所の居酒屋で飲んでいたが
トイレに立ったまま外に出てしまい、
泥酔がたたってそのまま帰れなくなった模様。
しかし本人は居酒屋にいるつもりになっており、
こっちとの会話がすれ違うこと限りなし。
最終的には同僚が迎えにきたからよかったものの、
あのまま放っておかれたらどうなっていたことか(汗)

 チーム烏山は
健康的で楽しいグループを目指します!!

 時々スライディングはしちゃいますが(滝汗)



blogranking.gif

ブログランキング・にほんブログ村へ

↑ブログを読んだらクリックしてね!!
posted by CSNメンバー at 21:02 | Comment(0) | TrackBack(0)