2008年11月12日


スイマー <実業男スイマーの世渡り流々>

これぞ異文化交流!?

 エジプト人と話したことがありますか?
先日所用で新神戸まで新幹線に乗った際、
隣に座ったエジプト人の親子と話が盛り上がりました。
初めてのお国の方と接する不思議な高揚感からか(?)、
何となく私の気分も弾み、話は色々と展開しました。

 そして彼女らは名古屋で降りました。
彼女らとの最後の話は・・・
母:「早く奥さん見つけた方がいいよ」
娘:「そうそう。結婚はいいわよ。
   あなた、いいダンナさんでいいパパになれそうだから」
ス:「そ、そうですね。素敵な相手が見つかるように努力しないとね」

 私、この手の事を結構言われるんですが、
まさか彼らの口から出るとは思いませんでした。
もしかしたらこういう価値観って
国や宗教を超えたところで繋がる何かがあるんでしょうかね。
どこにいても異性に求める要素は結構似ているのだ、と
勝手に思い込もうとしているスイマーです。

 しかし、お美しい娘さんでした。
聞けば私と同い年ということで、
余計にお話は盛り上がりましたね。
尚彼女には2歳半の息子がいて、
その彼は別の席まで出かけていって
同じ年頃の日本人の子供たちと遊んでいました。
あ、ここにも国境は無かったな。

 基本的に、
私は連絡先の交換はしない主義の人間なので、
「また新幹線で会いましょう」と言って失礼しました。
お母様に「一緒に名古屋でうなぎでも食べませんか」と
言っていただいたのがとても嬉しかったのですが、
先を急ぐ身だった為、「次ご一緒する時は是非に」と
お答えしました。

 それにしても、
本当に次がありそうな気がするのが
「良い出会い」なのでしょうか。
素敵な1時間半でしたよ。



blogranking.gif

ブログランキング・にほ
んブログ村へ

↑ブログを読んだらクリックしてね!
posted by CSNメンバー at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0)

2008年11月05日


スイマー <実業男スイマーの世渡り流々>

“YES,WE CAN CHANGE!!”

 昨日の男Nブログに
オバマ勝利に絡めたコメントをつけたところ、
「“小浜”について教えろ」などという
正気の沙汰とは思えない意味不明なコメント返しがありました。
この文面をアンサーブログにしたくないので、
今度彼を強制的に拉致って小浜までドライブしたいと思います。

 ま、5%くらい本気ですけど。
だって、小浜なんて焼き鯖と塗り箸くらいしか知らないし。

 でもなぁ、
多分高速乗りっぱで6時間くらいかかるし。
どうせ運転俺一人やし。
だったら大阪に‘やまもと’のねぎ焼きを食べに行きたい・・・という本音。



 オバマ氏が次期大統領に決まりました。
彼は、キャンペーンの演説の演台に“CHANGE”の文字を入れ、
“YES,WE CAN.”と言い続けました。
実際、彼のこれらの訴えは
効果的な選挙キャンペーンと相まって
多くのアメリカ市民の意識を変えたようですね。
実際に投票率が上がったという話が聞こえてきているし。
彼らはオバマと共に歩む未来に希望を感じ、
それを現実のものとする為に行動しようと決意し、
まさに前へ向かおうとしている。
彼の選挙運動にリーマンショックが追い風となり、
より皆の気持ちは強まったでしょう。

 自由を求めたプロテスタント達が
それを実現すべく開拓した国。
皆が自由をひたすら追い求めた結果生まれた
アメリカ型の自由主義(経済をつけるべきかな)。

 かつてプロテスタント達の自由実現の為に
自らの自由を奪われたマイノリティー達。
現在もその呪縛から完全に解かれずにいる彼ら。

 自由主義瓦解の瀬戸際である現在の局面において、
それを救う新たな何かを作り上げる可能性を持つ人物として
マイノリティーが選ばれた。

 歴史とは皮肉なものです。



 私の感覚では、
アメリカのみならず世界の至る所で
皆が見て見ぬ振りをしていたひずみが
大きな軋み音を出している気がします。
この音に恐れ慄き続けるか、
それとも自ら立ち向かうか。

 オバマのメッセージが、
“We can change.”ではなく、
“We have to change.”と聞こえてならない、
そんな私です。





blogranking.gif

ブログランキング・にほ
んブログ村へ

↑ブログを読んだらクリックしてね!
posted by CSNメンバー at 23:56 | Comment(0) | TrackBack(0)

2008年10月29日


スイマー <実業男スイマーの世渡り流々>

“翔る”とき

 なんだか、

今しかない気がするんです。

何故だかはわかりません。

随分前に書いた“三十而立”を自ら証明しろと

私の深層心理が叫んでいるのかもしれません。

はたまた、

ここ半年くらいの間に様々な人々にお会いして受けた刺激が

飽和したのかもしれません。

とにかく、

「やりたい」ではなく

「やろう!」モードなので、

ちょっとこれから走ってみたいと思います。

私の頭の中にあるビジネスプランを、

そして人生のプランを実現させる為に。

抽象的ですみませんが、

でもそんな抽象的な表現でしか表せない何かが

私の中では確実に根付こうとしているみたいです。


 1ヶ月後、

息切れしてませんように(笑)




blogranking.gif

ブログ

ランキング・にほんブログ村へ

↑ブログを読んだらクリックしてね!
posted by CSNメンバー at 21:08 | Comment(0) | TrackBack(0)

2008年10月22日


スイマー <実業男スイマーの世渡り流々>

私的「合コン」考察

 昨日のニュースにありましたが、
「私」という感じの読みについて
‘わたし’と‘わたくし’の両方を常用で認めよう、との
答申が出た模様です。
しかし、
“あたし”という一人称を多用する小生にとっては
結果「私」を文字として表す言葉遣いをしていないこととなり、
「あ、そう」くらいの感想しか持ちませんでしたが。
 先日、京都出身の年長の友人に
「スイマー君って落語家みたいな言葉遣いするなぁ」などと言われ、
「“あたし”の部分だけやろがいっ」と適当な突込みをいれてみたりと
何となく言葉遊びを楽しんでいる私でございます。

 っていうか、「あたし」じゃなかったんかい!!(失礼)


 実は小生、合コンというものをしたことがない!と自負しておりました。
でも、ある時・・・
「合コン」の定義ってなんじゃ?
とふと思い、考えてみました。
以前より特にこれといった目論見もなく女性を酒の席に誘って
ドンチャカやらかしておった小生でありますが、
そんな飲み会を友人は「合コンだ」と言い張り、
それに対し「合コンではない」と突き返してと
何の意味もない押し問答を展開すること数度。
ようやくそんな不毛な議論に終止符が打たれるのでしょうか。

 正式な定義でないことを承知でウィキってみると、
「男女が出会いを求める為に・・・」などと記されておりまして、
じゃ、小生の飲み会は飽くまで“飲み会”だと胸を張って主張できる!
とこれまたどうでもいい納得を得ることができると思った矢先のことです。

 読み進めていたウィキの「合コン」には、
最後にこんなことが書いてありました。
「近年では合コンで恋人を求めるという意味合いは徐々に薄れつつあり、
ただ単に顔見知りでなかった男女が酒を飲んで語りあう場へと変わりつつある。」

 へぇ〜〜。

 じゃ、現在の定義では
我々の飲み会は「合コン」だね。


 最近、
小生との飲み会をセッティングしてくれる女性がいるんです。
(勿論、こちらからの提案の場合もありますが)
彼女、結構‘数合わせ’にこだわります。
ただ、だいたい月1くらいのペースで飲んでいるので、
意外とメンツを揃えるのが大変です。
そんなこんな言ってもやっぱり女性がいる飲みというのは
我々野郎集団から言わせると魅力的で、しかも楽しいもんなんですが、
ブッキングを間違えると
‘一人だけ黙ってて、話をふらないと口を開かない’ような男もいて、
そんなヤツに限って普段はにぎやかで明るかったりと
一体どういうこと!?的思いに苛まれることもありますけど。

 それにしても、男女の数を合わせて飲むなんて、
これは多分旧来の合コンの形なんでしょうね。
とまぁ、結局合コンをやっていることを認めた挙句に
ある種“出会いの場”的なものであることまで肯定するハメに陥ったスイマーでございます。
さっきの不毛な議論の後に
一人相撲で一人負けというどうにもならぬ現実。

 それよりも、もっとどうにもならないのは
こんなつまらないことでこれだけ文章を引っ張る小生自身(涙)

 開き直って合コン大好きのスイマーです!!
そんなに女の子と頻繁に飲んでるのに
彼女いないのは、なんでだろ??(←自虐)



 余談ですが、
昨日の男Nブログの中にあった
責任を取るべき人間は、恐らくあたしです(笑)






blogranking.gif

ブログランキング・にほ
んブログ村へ

↑ブログを読んだらクリックしてね!
posted by CSNメンバー at 21:04 | Comment(0) | TrackBack(0)

2008年10月15日


スイマー <実業男スイマーの世渡り流々>

久々に、

 カゼをひきました。

ほんと、ここ5年くらい「カ」の字にもめぐり合わなかったのに、

来るときは来るんですね。

しかもこんなクソ忙しい時に・・・。

土曜日にはまともに声が出ず、

ちょっと声が出るようになった日曜には喉の強烈な痛みで嚥下に苦しみ、

喉の痛みが少し引いた月曜には咳が出始め、

火曜にはついに関節痛に襲われました。

この間、ずっと頭痛がありましたので、

きっと微熱が続いている模様です。

こんな時に限って、

いろんな方から電話を頂いたりして、

用があって電話をかけたはずが

最後は私へのお見舞いコメントで終わっていく・・・。



あな、切なし。



仕方ないので夜はゆっくり寝てます。

でも実は咳き込んでしまって安眠どころではないし、

処理しなきゃ、な仕事は音を立てて隆起していくし。。。

不遇にして不穏な気配の漂うスイマーの病です。

夜中に向けて、

すでに咳の先発隊が到着したようです。

彼らと、そして本日処理必須の仕事と格闘する小生は

この辺で失礼します。

P.S:良い子の皆さんは、まめにうがいと手洗いをしましょう。

  (↑コメントはふざけてますが、結構マジです。)





blogranking.gif

ブログランキング・にほ
んブログ村へ

↑ブログを読んだらクリックしてね!
posted by CSNメンバー at 23:33 | Comment(0) | TrackBack(0)

2008年10月08日


スイマー <実業男スイマーの世渡り流々>

季節ものですね

キンモクセイ.jpg

 ちょっと街中をそぞろ歩いていた昨日の午後、
キンモクセイの香りが漂ってきました。
そういえばここしばらく涼しい日が続いていたから・・・。
それにしても、
何でこんなに一斉に咲くんでしょうかね。
写真の木は私のうちの近所で撮ったものですが、
最初ににおいを感じたのが
大井町でしたから。
同じ都内でも
周辺の環境は全く違うのに
咲くタイミングは同じなんですよね。
不思議ですね。
キンモクセイといい、
彼岸花といい、(こっちはそれこそ全国一斉だし)
自然って(?)が多いです。

* * * * * * * * * * * * *

ミュージカル加工.jpg

 秋といえば「芸術」ということで、
先日舞台を見てきました。
フェリス女学院の音楽学部の学生で
ミュージカルをやっているグループが
それぞれの得意分野を披露する舞台でした。
スイマー⇔フェリスの繋がりに
違和感を感じる方々も多くいらっしゃっると思いますが、
メンバーに知り合いがいたもんで♪

 個々の評価をできるほど
耳はよくありませんが、
音楽を専攻し
しかもそれぞれの活動もしっかりやっている面々ということで
個人的にはかなり満足できるレベルの内容でした。
それに何と言っても
やっぱり“若い”。
持ってるエネルギーはすごいな、と素直に感じた
スイマーでございました。

 みんな来春で卒業なので
彼女らの残りの舞台は数少ないですが、
今後もできるだけ行ってみようかなと思ってます。
これを機会に、
スイマー芸術デビューかな!?

 でも、
まだフェルメール見に行ってなかったっけ(汗)



※彼女らのHPはこちら 〜CALVIP〜

http://calvip.web.fc2.com/

是非見てやってくださいね。



blogranking.gif

ブログランキング・にほ
んブログ村へ

↑ブログを読んだらクリックしてね!
posted by CSNメンバー at 23:06 | Comment(0) | TrackBack(0)

2008年10月01日


スイマー <実業男スイマーの世渡り流々>

つまらないけど私的「気付き」

 本日は午前様でした。
従って、このブログは
便宜上10/1付になってますけど
書いているのは10/2の1時前後ですから、
悪しからずご了承の程を。
だって、
しょうがないよね、A子さん♪


 今フジテレビが流れてますが、
GREEのCMがたまたま流れました。
だからこれに触れたくなりました。
ネット業界が、
自分たちの力がテレビ業界にかなわないことに気付いて久しいようですが、
それにしてもテレビでCM打つってどうなんだろう??
しかも、
GREEってSNSでしょ?
友人の紹介必要なんじゃないの??
どんだけ金かけてCMしても、
その金に見合うだけの効果があがるとは思えないんだけど。


 さて、
本日の私目はとある関係筋のご招待を受けて
某所でお食事を頂いておりました。
その場にて、相変わらずビール党な私は
生中を6杯ほどいただきました。

 そして、
友人を送って帰りの電車に乗った時に気付きました。

「俺、酔ってねぇぞ!?!?」 

 それに気付いたとき、
直近一週間の飲酒行動に思いをいたしました。


 昨日は、飲みませんでした。

 一昨日は合コンしてました。

 二昨日は飲みませんでした。

 三昨日も、四昨日も、五昨日も、六昨日も、七昨日も、
 飲みませんでした。


 結論。

 「休肝日は必要です。」
 
 そうすれば、飲むときにおいしい酒が飲めます。

 みなさん、気をつけましょうね♪









blogranking.gif

ブログランキング・にほ
んブログ村へ

↑ブログを読んだらクリックしてね!
posted by CSNメンバー at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0)