2013年06月12日


男N <男Nのニートからの旅立ち>

怒りの表現・怒りの表出・AとC

【表出】
心の中にあるものが外にあらわれでること。また、あらわしだすこと。
【表現】
心理的、感情的、精神的などの内面的なものを、
外面的、感性的形象として客観化すること。
また、その客観的形象としての、表情・身振り・言語・記号・造形物など。

 (goo辞書「デジタル大辞泉」より)


私はネガティブな感情の表現が下手糞だと思っている。
そして、ネガティブな感情を知らず知らずに表出してしまう。


先日 帰宅途中のいつもの最寄駅で しばざき幹男を見かけた
しばざき幹男というのは都議会議員であり
まもなく行われる都議会議員選挙の自民党の候補者である
そのときは女性とふたり 選挙向けのパンフレットを配っていた

私はしばざき幹男の顔だけは以前から知っていた
ウォーキングをしているときなどにポスターなどで見かけていた
記憶してしまったのは 時折ある男とツーショットで写っているからである
そのある男とやらが大嫌いで許せなくて忘れられないのである

ある男というのは菅原一秀である
「すがわら一秀」とひらがなで表記されることもある
「一秀」のほうを「いっしゅう」と表記すればいいのにとも思うがまあどうでもいい
こいつは衆議院議員である
先の総選挙では東京9区で53.5%の得票率で圧勝した
こいつの総選挙の際のポスターが忘れられない
「脱増税」「脱原発」と 堂々と書いてあったのだ

菅原一秀を選挙期間中に見かけたこともある
そのとき なんともいえない 怒りのような激しいものが身内にこみ上げてきた
その怒りのようなものをうまく表現できず 表出もできなかった
もし表出していれば 
例えば罵声を浴びせるとか胸ぐらをつかむとか唾を吐きかけるとかしていれば
前科一犯 ということになったのだろう
基本的にはそれだけだろう

それでも私は あのときに怒りを 表現はおろか 表出もできなかったことを
そこそこに後悔している
その悔しさを晴らすため というわけでもないのだが
菅原一秀のポスターを街で見かけるたび
中指を立て 口汚い言葉を呪いをかけるようにぶつぶつと呟く

そして だが 結局 私の予想通り
菅原一秀の所属する自民党は「脱増税」や「脱原発」の気配さえ見せず
菅原一秀がそんな自民党に業を煮やしているという話はとんと聞かず
有権者が菅原一秀に騙されたと悔しがっている雰囲気は全く感じず
まるで このことが憂慮に堪えないのは私ひとりだけであるかのように
腹立たしくも平穏な空気が練馬の片隅に充満している


 賢明な読者はすでにお気づきであろうが
 この記事は私ができるだけ怒りを表現しようという
 もし表現できなくてもせめて表出しようという試みであり
 そのためにココロ折れることなくここまで書いてきたのであるが
 さすがに長い 長すぎる
 なので ハナシのキモである 思わず怒りを表出してしまったエピソードをば


しばざき幹男に政治や自民党に対する不満を怒りとして表現できたらいいのに・・・
そんなことをボンヤリと考えながら 力なく階段を下りていった
そしてしばざき幹男に近づいていった
今思えば 半分無意識に 半分はわざと 近づいていった

しばざき幹男が満面の営業スマイルで私にパンフレットを差し出してきた
私は思わず両手を挙げ 「絶対に受け取らないポーズ」を取った
これが 思わずしてしまった行動のその1

しばざき幹男はくるりと背を向けた
もうひとりの女性も私にパンフレットを渡すのをあきらめたようだった
私は通り過ぎる
何事もなかったかのように
1歩 2歩 3歩 4歩 5歩
突然 何かがこみ上げた
そして 口から何かが出た
「ざけんなよテメエ!」みたいなことを脳の言語野は表現したかったようだが
たぶん表出されたのは 言葉というより まるで野生動物のような 叫び声だった
これが 思わずしてしまった行動のその2

そしてこれが 怒りの表出のエピソード

固く閉じられたCのバルブを
Aの力(のつもり)を使って少しずつ慎重にゆるめていくと
突然怒りの蒸気圧の激しい力が伝わってきて
あわててバルブを締める

そんな感じ


まあ 下手糞ではあるけど 文章として 出した
胸ぐらをつかんで殴りかかるよりは多分よっぽどマシなんだろうとは思う



blogranking.gif

ブログランキング・にほんブログ村へ

 




posted by CSNメンバー at 05:01 | Comment(0) | TrackBack(0)

2013年06月05日


男N <男Nのニートからの旅立ち>

サボりの構造(自己分析)

ブログを書くのを忘れていた。
8割くらい忘れていた。
2割くらいは忘れていなかった。
「書かなきゃ書かなきゃ」と思っていた。
そう思いながら、「メンドクサイ」とも思っていた。

そうこうしているうちに深夜になった。
「忘れていない」の割合は2割から0割の間で変動していた。
いや、瞬間的に10割になるときもあった。
でも0割の時間のほうが長かった。

 「0割の時間」:「10割の時間」=8:2

こう説明したほうがわかりやすい。
いや、逆にわかりにくいという人もいるだろう。

 ブログを書くことを最初に思いついてから過ごした時間のうち、
 2割はブログを書くことが意識の片隅に存在していた。
 8割はブログを書くことが意識の中から欠落していた。

こういう説明のほうがいいかもしれない。
8割くらいの人に僕の言いたいことの8割くらいは伝わりそうだ。

ともかく、具体的な行動としては、
PC内のブログフォルダは開けた。
文章は1文字も書かなかった。
何をするでもなくダラダラと何かをして過ごしていた。


そうこうしているうちに
時は過ぎ
夜は更け
いつしか
眠ってしまった


朝、起きる。
PCはスリープモード。
ブログを書いていない。
気づいたときは書かなきゃ感が10割。
でもすぐに書かなきゃ感が0割。

まだ眠い。
寝る。
起きる。
おなかがすいた。
何かを食べる。
しばらくダラダラとして腹をこなす。
また眠気がやってくる。
寝る。
起きる。

今日は通院日だということに気づく
(正直に言えばこれも8割2割のひとり芝居なのだが)。

ダルい。眠い。行きたくない。
行かないでおこうか?
いや、行くべきだ。
それじゃあ行こう。
その前にシャワーを浴びようか?
あまり時間がない。
浴びないで行こうか?
でもそれではちょっとだらしなさ過ぎる。
頭もカユいしヒゲも濃い。
急いでシャワーを浴びよう。
シャワーを浴びる。
シャワーを浴びるとなぜか空想癖に拍車がかかる。
いつしか急ぐ意識が薄れ、予定時間より遅くなる。

病院には10分の遅刻で到着。
病院の待合室で携帯でブログを書く。
意外とはかどる。
だが書ききれはしない。
診察が終わり、薬局で薬を処方してもらい、40分かけて歩いて帰宅。
少しくつろぎつつ、ブログの続きを書く。

そして、今。
ようやくブログを書き終わりつつある。


今回の「ブログサボり」は未遂に終わりそうだ。
しかし、僕の中のサボり癖が顔を覗かせたことは確かだ。

思えば物心ついたときから、僕はなにかとサボってきた。
学校。宿題。習い事。友人や親兄弟との約束。
やり遂げなかった。放り出した。なかったことにして現実逃避した。
言い訳をしてごまかした。先延ばしにした。玉虫色に決着させた。

まさに『脚本』。

手癖の悪い人が、気づいたときには何かを失敬しているように、
サボり癖のある僕は、ちょっと気を許せば8割くらい無意識にサボる。

「サボりの常習犯」。
小学校の担任にそう言われていたことを思い出した。
だがそのことを書き出せば長くなる。
文章には区切りをつけないと。

「UPするまでがブログです」


ご心配をおかけした方がもしいらっしゃいましたら、
ただただ謝罪するのみでございます。

ブログをUPするのが丸1日遅れてしまい、申し訳ありません。



blogranking.gif

ブログランキング・にほんブログ村へ

 


posted by CSNメンバー at 20:43 | Comment(0) | TrackBack(0)

2013年05月28日


男N <男Nのニートからの旅立ち>

練らず煮詰めずただ書くのみ

最近、昔の悪いイメージの自分が戻ってきている。
何をするのもメンドクサイ。

ブログについてもまたしかり。
書きたいことはあっても書くのがメンドクサイ。
伝えたいメッセージをまとめるのがメンドクサイ。
文章を練るのがメンドクサイ。
推敲がメンドクサイ。
煮詰めるのがメンドクサイ。

あー完璧とはいわなくても70点の文章は書きたい

そう思っているうちはおそらく書けない。

なので
考え方を変える。
書き方を変える。

1.練らない
2.煮詰めない
3.ブログとしてUPした後どうなるかについて深く考えない

万が一このブログが炎上したら・・・
まあそれはそのとき。
なんとかなるさ。
むしろ
一度くらいは炎上させてみたい。


では手始めに何を書こうか?

思いつきでchange.org女性手帳にNO!キャンペーンに賛同してみた。

その際に投稿した文章を再掲。





こんな感じのことをやりたいと思っていた。
なのでほんの少しだけでも始めてみた。



blogranking.gif

ブログランキング・にほんブログ村へ

 
posted by CSNメンバー at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0)

2013年05月21日


男N <男Nのニートからの旅立ち>

昔ながらのアロマ

低温に悩まされた今年の冬
そして春
辛かった 正直 めげそうになった

多分もう過去形
季節はすでに初夏

冷房も暖房もなく
窓を開け閉めして温度調節
案外と短い 省エネの季節

湿気 虫 食べ物が傷みやすい
三拍子そろった季節
せめて気持ちだけでも衣替えしないと

ということで 今年もやってきた
蚊取り線香の季節

昔ながらのニオイ
懐かしい
ノスタルジー

僕にとってはアロマの代わり
防虫効果もあって一石二鳥


こうして過ごす日々こそが人生なんだなあ



blogranking.gif

ブログランキング・にほんブログ村へ

 


posted by CSNメンバー at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0)

2013年05月14日


男N <男Nのニートからの旅立ち>

死ぬまでに言っておきたい沢山のこと

明日は病院
通院は3週間に1回
こないだ病院に行ったばかりのような気がするのに
もう明日 通院日

早いなあ
時の経つのは早いなあ

こないだと比べて3週間分 僕は老いたのだ
早いなあ

こんなに早いのなら 死ぬのも時間の問題だ


 死ぬ前に
 ワシが得た知識の全てを
 オヌシに伝えておこう
 ワシの経験を全て
 オヌシに話すから
 オヌシ ワシに代わって
 ワシの話を全て文章にして
 世の中に伝えてはくれまいか
 そうすればワシは心置きなくこの世を去れる
 何も思い残すことはない


みたいなことはまずありえないだろうなあ


ああ 僕には言いたいことがいっぱいあるなあ
でもこのままだと言いたいことの1パーセントも言えないまま死んでしまうなあ

まとまらなくても支離滅裂でも意味不明でもいいから
1パーセントしか伝わらなくてもいいから
何かを言っておきたい


従軍慰安婦が存在したのは確かなのだ
日本人が朝鮮人に対して非人道的行為をしたのは確かなのだ
鬼畜の所業だったのだ
証拠?
そんなもん必要あるか!
自明のことだ!!


ああ
ほんの少しだけ
言いたいことを言えたような気がするなあ



blogranking.gif

ブログランキング・にほんブログ村へ

 


posted by CSNメンバー at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0)

2013年05月07日


男N <男Nのニートからの旅立ち>

貝印関孫六三徳包丁

久しぶりに秋葉原へ行った
秋葉原で包丁を買った
秋葉原でなくても買える包丁を衝動買いした

秋葉原でなくてもあるドンキホーテで
ドンキホーテでなくてもある三徳包丁を見かけて
以前からそれなりの包丁が欲しかったということもあって
思わず衝動買い
1990円也

今まで使っていた包丁は100均製品
それでもそんなに不都合なく調理できていたのだが
やはり貝印の包丁は違う
自慢するようなブランドではないとは思うが
それでもやはり切れ味が違う
100均と比べればという話ではあるが

切れ味が良くて気持ちいいのでついつい余計に切ってしまう
キャベツ炒めを作るのに
ざく切りでいいところを粗みじん切りにしてしまう


文字通り ザクザクと 音がする
ザクザク ああ 気持ちいい
ザクザク ああ ストレス解消


人間に破壊欲求とでもいうべきものが本能的に備わっているのだとすれば
その欲求を解消するのに野菜を切るという行為は最適だと思う



blogranking.gif

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

posted by CSNメンバー at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0)

2013年04月30日


男N <男Nのニートからの旅立ち>

ウツの波

起床時間が不安定になってきた
起きている時間より寝ている時間のほうが長くなってきた

病院に1時間くらい遅刻した
久しぶりに抗うつ剤が増えた

CSNでの用事をすっぽかした
忘れたふりをしてすっぽかすことはたまにやるが
完全に忘れていてすっぽかしたのはいつ以来だろう

やってきてしまった
ウツの波が
2年ぶりくらいに

しかたがないので
悪あがきしながら
通り過ぎるのを待とう



blogranking.gif

ブログランキング・にほんブログ村へ

 


posted by CSNメンバー at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0)