2013年11月13日


男N <男Nのニートからの旅立ち>

脚本抜けて また・・・

賃貸契約更新手続
ちんたいけいやくこうしんてつづき

この言葉自体は嫌いではない
うん 嫌いではない

手続き自体も嫌いではない
実際に手続きしてしまえばもはや嫌いではない

とにかくスッキリした
ホッとした
メンドクサイから解放された

こういうのはラケット感情?
まあどっちでもいい
手続きしたことはいいことだと思うから

ブログの更新は遅くなった
何を書こうかと考えて ふと
玄関付近に置き去りにされたままの封筒に目が行った

『送り状 ○○火災保険株式会社』

怖いわ〜 脚本怖いわ〜

脚本の終わりは新たな脚本の始まり
喉元過ぎれば脚本忘れる
一脚本去ってまた一脚本
七転び八脚本

まあ 抜けてしまえば脚本も怖くない・・ハズ・・ダヨネ??


朝に脚本を抜ければ夕べに死すとも可なり



blogranking.gif

ブログランキング・にほんブログ村へ

 




posted by CSNメンバー at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0)

2013年11月06日


男N <男Nのニートからの旅立ち>

契約更新が完了するまでは

ブログを1回休んでみた。
なんとなく
つきものが少し落ちた気がする。
なんとなく

今回は書く。


いま現在も「〜までは」脚本。
一連の契約更新手続きが終わるまでは

貸主が変わって勝手が変わってメンドクサイ
書類を書いたり電話したりは苦手の苦手の超苦手
メンチョもできるし血便も出る

それでもやる。
10年住んだ部屋の契約更新。
11年目と12年目もお世話になるために。

金曜日には「〜までは」が終わる予定。
そうすれば一息つけるしホッとするしスッキリする。
わずらわしさからの解放。
期間は2年。

どうあがいても「〜までは」になるのサ。
でもやってる間はそのことを忘れてるっぽいけどネ。



blogranking.gif

ブログランキング・にほんブログ村へ

 


posted by CSNメンバー at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0)

2013年10月23日


男N <男Nのニートからの旅立ち>

週1回の「〜までは」脚本

終わらせるまでは落ち着かない
終わらせるまではゆっくり眠れない
そう思いながら
うたた寝したりしながら
ダラダラと終わらせられない状態が続き

なんでもいいから
ひとことでもいいから
軽いものでいいから
腰を落ち着けたものでなくていいから
そう思い直してなにかを捻り出し

書く
所要時間はいつも想定より長く
書いた後はいつも物足りない気分で

次はもう少しちゃんとしたものを
もう少し腰の据わったものを
書きたいけれども
まあそれは1週間後だし
とりあえずはおつかれさまってことで

つかの間の解放感


そういうことの繰り返し
今回もそういうことの繰り返し

内容よりも書き終えることに意味がある
だって
「〜までは」脚本だから

書き終えなかったらどうなるのか
実験してみたい気もするけど
(本心は別のところにある気もするけど)
でも今回も 書き終えてしまった
そして
つかの間の解放感という名のコイン1枚分くらいの報酬

いや
報酬じゃないよ
報酬はポジティブなものじゃなくてネガティブなものじゃないの?
とかなんとか考えているいま現在
「実は終わっていない」ということをわかりたくないのかもしれない



blogranking.gif

ブログランキング・にほんブログ村へ

 


posted by CSNメンバー at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0)

2013年10月16日


男N <男Nのニートからの旅立ち>

いつ終わるの?終わらないの?

ブログを書いた
終わった
やったー
[解放感]

面倒な手続きに取り組んだ
終わった
やったー
[解放感]


これが昔から圧倒的な回数を繰り返してきている
僕のお得意のパターン


(いやな)学校に行った
帰ってきた
やったー
[解放感]

(面倒な)人付き合いをした
終わってひとりになれた
やったー
[解放感]


解放感はただの幻想
つかの間の休息
無意味で自堕落な時間を過ごすだけ
生きる意味やら重みやらは少なくともそちら側にはない

そうかもしれない
だけれども
ついつい求めてしまう
すべてを終えて 解放されたい
そう思ってしまう


長い長い人生を終えた
死んだ
やったー
[解放感]

 ↑ はまだ経験がないし実際どうなるのかわからない



blogranking.gif

ブログランキング・にほんブログ村へ

 


posted by CSNメンバー at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0)

2013年10月09日


男N <男Nのニートからの旅立ち>

佐藤可士和の金言

 佐藤可士和
 アートディレクター
 ユニクロ、楽天、セブン&アイ、ツタヤなどなど
 日本を代表する勝ち組企業の戦略を「デザイン」という視点で支え
 関わるプロジェクトでことごとく大成功を収めてきた
 (テレビ東京 「カンブリア宮殿」ホームページより抜粋)

だそうです。
知りませんでした。
2ヶ月前の放送をたまたま見て知りました。

普段はほとんどテレビを見ないのにねえ。
偶然ってすごいねえ。


特に、雷に打たれたかのごとく衝撃を受けたのは、
『可士和流 コミュニケーション術』

1.人の話をちゃんと聞く
2.話の本意を読み取る
3.自分の考えを正確にまとめる
4.相手に分かりやすく伝える

 これらは当たり前のことなんだけれども
 当たり前ってあるべき姿だと思っている
 あるべき姿って 理想形なので
 当たり前のことができるのはものすごくレベルが高いこと

だそうで、村上龍の質問
「話し合っても分からない」か「話せば分かる」か
には
「仕事をする前提として ほとんど伝わらないと思っている」
「伝わっている気がしているだけでほとんど伝わっていない」
「伝わっていないということは存在していないのと同じ」
と答えていました


最近起きたとある出来事で、
ふとこのことを思い出し、
まさに今、実感するところなので、
ここに書き留めておく次第です。



blogranking.gif

ブログランキング・にほんブログ村へ

 


posted by CSNメンバー at 22:28 | Comment(0) | TrackBack(0)

2013年10月02日


男N <男Nのニートからの旅立ち>

ぐるぐるやりがい考

週1回のペースで歯医者に通うことになった。
まだ2回しか行っていないが、少しだけ良くなった。

日々の生活が。
退屈な日常に、刺激が。
取り戻せた気がする。生きがいを。

大げさにいうと、そんな感じ。
お年寄りが病院に通いたがるのがわかる気がする。

どんな形でも、人と交わりたい。
事務的でも、自分の名前を呼ばれたい。

要はストローク飢餓が少しだけ解消するということだ。


それ以外の時間はもっぱらモバゲーをしている。
パソコンでモバゲーをしている。

これは
「日常における時間のささいな暇つぶし」と
「人生における時間の大いなる無駄遣い」の
あいだにある。

『前者』対『後者』イコール『1』対『9』

気分的にはこんな感じ。

ゲームでやりがいを感じたことなどほとんどない。

これが仕事ならやりがいを感じるのだろうか。
なにしろほとんど仕事をしたことがないからわからない。
だがどうやら仕事にやりがいを感じることもそれほど多くはないらしい。

 未知なる仕事にやりがい幻想を見る
 恋愛や結婚や家族にしあわせ幻想を見るように

逆にいえば、
やりがいを感じるなら仕事でもなんでもいいからやりたい。


そのためにはとにかくなにかをやれ
やりたくねえなあ
パラドックス

思考的にはこんな感じ



blogranking.gif

ブログランキング・にほんブログ村へ

 


posted by CSNメンバー at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0)

2013年09月25日


男N <男Nのニートからの旅立ち>

T医院の待合室で書いたブログ

完全に忘れていた。
ブログを書くことを完全に忘れていた。
このままでは、
いつか、
誰かに指摘されるまで、
ブログを書いていないことに気づかない、
という事態が起こるかもしれない。

そうなったら
終わりだな

と、
なんとなくそう考えていたのだけれど、

そうなっても
終わりではない
なんにも終わりではない

ということに、
気づいて、
そのままの勢いで、
ガラケーで、
T医院の待合室から、
ブログをUPしてみた。


あ、
追伸。

歯医者に行った。
左下の親不知付近が炎症をおこしていた。
でも大したことはなかった。
でも虫歯等々が見つかった。
いい機会だから治せるところは治してもらうことにした。
四半世紀、
溜まりに溜まった、
歯垢歯石を除去してもらった。

歯と歯茎の境目がスースーする状態なう



posted by CSNメンバー at 17:59 | Comment(0) | TrackBack(0)