2015年02月12日


男N <男Nのニートからの旅立ち>

ネット情報が特にすぐれているとは思わないけれども…

「ニュースなどの情報をどこから得ているか」
と問われれば、
「大手新聞」や「大手テレビ局」との答えがいまだに多いだろう。

僕は主にインターネットから情報を得ているが、
そういう人はまだ少数派だと思う。

・・・なのだけれども、
ここ最近はどうやら「大手マスコミ」の信用度が落ちているらしい。
落ちているどころではなく、
我々は『鉄のカーテン』の内側にいるらしい。

カーテンの外側の情報はSNSや海外のメディアを通じて得るしかないらしい。

そんな戦慄を覚えるネタを三品。

1.
湯川さんと後藤さんを救出できる可能性は高かったのに政府にはその気がなかった。
そもそも後藤さんは昨年10月には誘拐されていた。
それを承知で昨年末に衆院選が行われ、今年に入って総理が中東を訪問した。
ソースは色々あるが、とりあえずこちら

2.
安倍晋三は歴史修正主義的なふるまいを、
国内や東アジアのみならず、よりによってアメリカにまで行い、
逆に欧米から批判を浴びているらしい。
これもソースはとりあえずこちら
困ったときの内田樹先生。

3.
「国境なき記者団」による「報道の自由度ランキング」日本は61位。
安倍晋三はとかく報道の自由を侵害する生き物である。
そのことがひと目でわかるグラフはこちら



blogranking.gif

ブログランキング・にほんブログ村へ

 




posted by CSNメンバー at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0)

2015年02月03日


男N <男Nのニートからの旅立ち>

継続は力、らしいので

「よいおとしを」も「あけましておめでとう」もなく、
中期休暇からしれっと戻って思い出したようにブログを書く。
ただいま午前5時。
早朝覚醒なんだけれど文章を書くにはこのくらいの時間が丁度いい。

冬はつとめて

ついでってわけでもないけれど、ツイッターも復活してみた。
mixiも復活しようかとも思ったが自重した。
自分のできる範囲で。エネルギーの切れないように。
「継続は力なり」だとか。
僕にとっては相当に縁のない言葉。

でも、持続可能エネルギーって重要なんですよ。
環境問題だけでなく僕問題においても。
切れちゃうと活動が止まっちゃうからね。
微力ながら「当てになる人」になることが大事なんスよ。

だから次の記事が書けるかが大事なんス。
もう週1回とか月1回とか1日1回とか、こだわらずに、
持続的にブログを書いていくことそれ自体を目標にするっス。



blogranking.gif

ブログランキング・にほんブログ村へ

 


posted by CSNメンバー at 05:36 | Comment(3) | TrackBack(0)

2014年11月26日


男N <男Nのニートからの旅立ち>

衆院選2014のこと

またブログ更新間隔があいた。
でも気にしない。
気にすると病気になる。

復活したときには、
なんとなく外向きの、
社会を切るような、主張の強いブログを書こうと思った。
なんとなく内向きの、
しみったれてグドグドとしたブログは書きたくなかった。
そんな思いがあったけれど、気にしないことにする。

書きたいときに書きたいことを書く。
何曜日とか週何回とかは決めたくない。
できるだけ週1回で、他のブロガーとはかぶらないようにしたいけど、
できなかったらゴメンナサイ。


で、書きたいことは衆院選のこと。


日本国の有権者(主権者)に声を大にして言いたい。
政治情勢とかマニフェストとかは正直どうでもいい。
とにかく投票してほしい。
参政権を行使してほしい。
盛り上がらないとか投票したい人や党がいないとか、
メンドクサイとか投票したところで何も変わらないとか、
それでも、誰にでもいいからとにかく投票してほしい。

昔、こんな記事を書いたことがある。
数字だけ再掲しておく。

 国政選挙投票率の推移

  2003年衆院選 59.86%
  2004年参院選 56.57%
  2005年衆院選 67.51%
  2007年参院選 58.64%
  2009年衆院選 69.28%
  2010年参院選 57.92%
  2012年衆院選 59.32%
  2013年参院選 52.61%

投票率が7割いけば政治は変わる。
国民が変わればこの国は変わる。国民の生活も変わる。

7割が自民党に入れれば日本はナチスのようになるかもしれない。
でも結果的にそうなるならそれでも構わない。

国民よ。
現実から目を背け、耳を塞いではならない。
現実を受け止め受け入れ、そして行動せよ。
それでこそ主権者であり、責任を果たすということである。

そしてそうすれば案外と個人的なこともうまくいくものだ。
逆に責任を果たさないでいると人生はうまくいかずに不幸になるだろう。



blogranking.gif

ブログランキング・にほんブログ村へ

 
posted by CSNメンバー at 03:21 | Comment(3) | TrackBack(0)

2014年09月25日


男N <男Nのニートからの旅立ち>

労働時間のこと

1日8時間、
1週間に40時間、
これが労働時間です。
たいていの人が知っている労働時間です。
世界基準の労働時間です。
国際労働機関の定める労働時間です。

これ以上働くのは好ましくないという労働時間です。

(世界基準では週48時間のようです)
日本も例外ではありません。
世界基準ですから当然のことです。
時間外労働は厳しく制限されるべきことです。
多くの日本人(僕も含めて)が勘違いしているようですが、

最低でもこれくらいは働かなくてはならない
という時間ではない
のです。

なぜこんなことを書いたのか?

僕はある日、ふと思いました。
1日8時間、週5日勤務の仕事、
まずできそうにないなあ、と。
できるイメージがわかないのです。
(仕事とはなんぞや?みたいな疑問については
 過去にこんな記事を書いたことがありますし、
 今後もまた書きたいと思っています)
主治医の診断では
1日2〜3時間、週2日くらいが関の山だそうです。
「そんな仕事あるかい!」と思っていましたが、
どうも僕の考えがおかしかったように思います。
そういう仕事が日本社会にあってもいいと思いませんか?

一方では時間外労働に苦しむ人がいて、
もう一方では仕事がないと嘆く人がいる。
ワークシェアリングとかいう難しいことをいわなくても、
両極端な現状がおかしいというのは明らかなことなのに、
誰かがそういうことをいっているのを耳にしたことがありません。
なので、とりあえず僕はいってみました。



blogranking.gif

ブログランキング・にほんブログ村へ

 
posted by CSNメンバー at 07:28 | Comment(0) | TrackBack(0)

2014年09月11日


男N <男Nのニートからの旅立ち>

憲法のこと

さて、復活したものの、何から書いたものか・・・
うん、まあ、とにかく、
ヘタクソでもいい、言いたいことを書く。
誰に言いたいのか?
この国のバカタレどもにだ!


『憲法の3原則』
1.基本的には人権尊重
2.平和趣味、平和ボケ、平和バカ
3.国民主権=主権在バカ=主権放棄


この国の問題の根本は国民がバカなことだ。
安倍晋三政権に憲法をないがしろにされても何も言わない。
半分くらいはたいして関心がなく、
半分くらいはむしろ応援している。
あとで自分が困ることになることがわからずに応援している。
あるいはC国やK国にバカにされたくないからと応援している。

バカにされたくないとかいう理由はいかにも脚本的だ。
おそらくは
生きづらい人が
生きづらい理由を
自分自身にではなく
他人やその他の理由(政治経済etc.)に求めているからだ。


ああ、話がそれる。
言いたいことはマウンテンマウンテン。


集団的自衛権うんぬんについて
C国やK国になめられないために必要だ
とか考えることの
論理のクソバカらしい破綻についても語りたいが、
それよりも、
ただの閣議で憲法解釈が変えられてしまうこと、
そのことがおおいに問題であるとして、
安倍政権を退けてしまう、
そのくらいでなければいけないと思う。

法治国家の中枢が法の根幹を揺るがしてしまえば
それはもう無法国家でしかない。

バカはバカなりに、国民は国民なりに、自分は自分なりに、
よく考えることが重要だ。
「自分はバカだから・・・」という理由で考えることを放棄する、
その手のヤカラは「救いようのないバカ」と呼ぶべきもので、
そういう人たちの基本的人権も尊重してこその現代人である。


やっぱり話がそれる。
結論を 書いてしまおう 最上川


例えば「徴兵制が復活するのではないか」という不安に対し
「そんな不安は馬鹿げている」
「徴兵制の復活など憲法上ありえない」
とか説明されてだまされてはいけない。
憲法をないがしろにする人間の憲法上という発言を信じるなんて
どうかしてるZE!

憲法を変えたい派の人も憲法を変えたくない派の人も、
いま現在の憲法を十分に尊重すればこその主義主張であり、
そうでない人は
憲法いらない派
とでも呼ぶべきヤカラでしかない。
そしてそういう人も包括するのが現代憲法であり、
排除されるべき人などただのひとりもいないのが当然なのだ。



blogranking.gif

ブログランキング・にほんブログ村へ

 
posted by CSNメンバー at 13:45 | Comment(0) | TrackBack(0)

2014年09月05日


男N <男Nのニートからの旅立ち>

しれっと復活

しれっとブログを復活することにした。


最近はCSNにも行かず、
他人と交流することをほとんどせず、
ただひとり、ダラダラと過ごしていた。

主体性を極力尊重し、
やりたくないことはできるだけやらず、
やりたいことだけをやるようにした。

結果、
目に見える行動はほとんどやらなくなった。

僕が主体的にやりたいことなんてほとんどないらしい。
暇を持て余すことはなく、だいたい持ち切れる。
行動派の人の正反対にいることが身に染みてわかった。


でもそれでも脳は働く。


適当にネットをさまよえば情報は入る。
心が動き、感情が沸き起こり、グルグルと考え、
行動する欲求がそこそこに溜まってくると、
行動を起こしているという空想をする。

自覚症状があるほどにひとりごとが多くなった。
誰かと喋っている前提で。
ときには居酒屋、ときにはグループワーク、
そしてときにはテレビの対談番組で。
DSMのどれかにあてはまるのではないかと心配になるくらいに。

自分の考えを伝えようと一生懸命になる。
言葉を丁寧に慎重に神経質に紡いでいく。
うまく伝わってるのかどうかはわからない。
だって実際には聞き手は存在しないモン。

思考と感情だけではバランスが悪い。
自己表現の行動が不可欠。
何もせずに伝わればいいがそれは不可能。
喋りたい欲求は強いが相手がいない。
書くという行動はサードベストくらいか。
多少のメンドクササが伴うが致し方ない。

こういうのが理想の文章だが程遠くても気にしないことにする。


最後に、恥ずかしいけれど、正直な気持ちを表明。

 怒らないでほしい
 そこそこにかまってほしい
 ほどよく気分よい感じで褒めてほしい
 距離感は近すぎず遠すぎずを保ってほしい
 中学生のような暴論であっても生温かく見守ってほしい

無理なお願いなのは重々承知だが書くだけなら無理じゃないヨネ。



blogranking.gif

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by CSNメンバー at 03:52 | Comment(2) | TrackBack(0)

2013年12月31日


男N <男Nのニートからの旅立ち>

今年中にできなかったいくつかのこと

かなりんブログの流れを受け継いでいるみたいだが
かなりんブログを読む前から温めていたプラン


お久しぶりです
男Nです


今年中にやろうと思って結局できなかったこと

大掃除
小掃除
洗濯(7割)

運転免許証の更新
健康診断
必要書類を福祉事務所に送ること
年金の支払状況その他を調べること

散髪
服を買うこと
その他の買い物(冷蔵庫とか電子レンジとか)

ブログを毎週書くこと
カウンセリングを再び受けること
心機一転すること
日常生活を安定させること
脚本から基本脱してハマっても気づくこと

その他 いっぱい キリがない
まあ 来年 頑張るよ


最後に ひとつだけ
今年できたことの中で一番嬉しかったこと

タバコからの卒業


来年はフォーティースリー!?



blogranking.gif

ブログランキング・にほんブログ村へ

 
posted by CSNメンバー at 18:27 | Comment(0) | TrackBack(0)