2015年02月26日


男N <男Nのニートからの旅立ち>

すくわれるものとこぼれおちるもの

一週間前のかなりんのエントリー(こちら)に関連して
気になる情報がtwitterに流れてきたので書き留めておく次第。

その気になる情報というのはこちら

二年と三か月前の記事。
一読すると普通に興味をそそる記事なのだが、しれっと書いてあることが気にかかる。

中段の長谷部氏の話
 ホームレスが寝泊まりして児童公園として活用できなかった場所を、
 ナイキに働きかけてバスケットコートなどを整備してもらった


さらに最後のほうでの氏の話
 次の街づくりのキーワードはダイバーシティで(中略)
 LGBTの人なども、うまく活用できないかということも考えています


僕のもっている最大限の客観性を駆使して要約すると
「ホームレスがいて活用できなかった公園を企業の助けを借りて児童用に活用できた」
「多様性のある街づくりのために性的マイノリティをうまく活用したい」
といったところか。

気になる。おおいに気になる。
「ホームレス」は「多様性」に含まれないのか・・・
街づくり構想からこぼれおちたホームレスはどこにいけばいいのだろう・・・

ちなみに、これもtwitterで初めて知った言葉なのだが、
こういう戦略を「ピンクウォッシュ」というらしい。
もともとはイスラエルの国家的イメージ戦略で、
ものすごくくだけた説明をすると、
『LGBTのことをとてもよく考えています』アピールをして
他の都合の悪い事実を洗い流して隠しちゃえ♪
といったようなことだそうな。

※このブログはFacebookの「キャリア・サポート・ネットワーク」のページにリンクしています。
皆さん、「いいね!」をよろしく!


blogranking.gif

ブログランキング・にほんブログ村へ

 




posted by CSNメンバー at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック