2012年10月30日


男N <男Nのニートからの旅立ち>

冬至 2012

今年の冬至はいつなのか調べるために「冬至 2012」でググった。
予想していなかった検索結果がいっぱい出てきた。
まあそれは暇な人には検索してもらうということで僕は書かない。
今の僕には広大な宇宙よりちっぽけな自分のことのほうが重大事なのだ。

最近は朝の4時とか5時とかに目が覚めることが多い。
ちゃんとカーテンを開けて(!?)寝ているのだがまだ外は暗い。
朝の陽の光を浴びて起きるハズなのに、おかしい。

なぜだかはわからない。
ひとつ言えることは、
睡眠の不具合と連動して気分が抑うつ気味になっていることである。

これはマズイ。

もっと積極的に朝の光を浴びるべきなのかもしれない。
さしあたって、夕方から夜にかけて行っているウォーキングを朝にしてみよう。
どんな効果があるかはわからないけれど。

考えてみれば、
今の季節はどんどん昼の時間が短くなり、太陽の光がどんどん貴重になっていく。
僕の変調は秋の深まりとともに進行することが多かった気がする。
冬ごもりをせずに過ごせるかどうかは秋に決まるのかもしれない。
だとすれば冬至までが勝負どころなのだろう。

なるほど、僕にとって「も」2012年の冬至は重要な日であるらしい。



blogranking.gif

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

posted by CSNメンバー at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック