2011年10月07日


かなりん <カウンセラーかなりんの遊々随想>

正直な数字

 忙しさにかまけて遅れに遅れていたNPOの決算が、
昨日やっと一区切りついた。東京都に提出する書類も
仕上げ、法務局へ登記にも行って来た。提出期限から
6ヶ月を過ぎると勧告が来るらしいので、せめて
今月中にとは思っていたが、何とか3ヶ月余の遅れで
済んでほっとしている。

 前年度は何しろ縁の運営事業があったので、その処理
だけでも大変だった。赤字が出ているのは既に分かって
いたけれど、はっきり数字で見ると改めて愕然とする。
結局自己資本の分を半分寄付にして大幅な損失の計上は
免れたけど、公的補助なしにこういう事業をやるのは、
やはり難しいのだなあと思い知る結果になった。

 せっかく定款まで変えて挑んだ事業だったが、
決算上は早くも準備事業の段階で躓いた形となった。
本事業を今年度中に着手できるかどうかは、正直
心もとない。それでもやってみて分かったことや
教えられたことも多く、それらを糧に、次を焦らず
じっくり準備していくしかないだろうと思う。

 決算は大変だけれど、考えさせられることも多い。
細かく並んだ数字の表は、曖昧さや幻想を打ち砕く。
来年はもう少しましな数字を並べたい。決算時期
に限っていつも懲りずに抱く願いである。


blogranking.gif

ブログランキング・にほんブログ村へ

↑ブログを読んだらクリックしてね!

posted by CSNメンバー at 00:38 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック