2009年08月26日


スイマー <実業男スイマーの世渡り流々>

ふたえの妙

P1060361.JPG

 我らがDELL君がついに帰還しました。
最終の見積りFAX見ておよそ3万2千円の修理費に納得し、
修理依頼をしてから3日後のお戻りでした。
意外な速さにちょっと驚きですが、
ビジネス向けパソコンの扱いが多いこの会社に対しては
ユーザーの期待は価格とともにスピードにも向けられる訳で、
それにしっかり答えているということなのでしょう。
少なくとも私には十分満足な速さです。
しかも到着の翌日にはサポートデスクから電話があり、
到着の確認と、パソコンが正常に使用できるかどうかの確認の
連絡がありました。
これには感心しました。
個人的に大好きなS社のVブランドは、
2度ほど修理(いずれもクレームですが)して、
修理にはだいたい1週間かかり、しかもフォローの電話があるわけではなく、
送ってきて、簡単な修理報告書が添付されて終わりだったっけ。
S社の対応は標準的なものだとは思いますが、
だからこそDELLの迅速さと丁寧さに
(電話口の担当者についてもすべて非常に丁寧で好感が持てました)
企業努力の跡を見ました。

 日本進出直後には、安かろう=悪かろうの代表格と言われていましたが、
(実際、うちが買った最初のDELL機は不安定そのものでした)
先日買った新しいデスクトップでも全く問題ないし、
今となってはそのシンプルさと扱いやすさにかえってポイントが上がってます。
性能の向上の上にサポートの充実と、
実に心強い二本柱です。

 尚、
DELL君不調につき最近使用頻度が上がっていたFMV君でしたが、
17インチのシングルディスプレイでどうしても使い勝手が悪く・・・。
贅沢な話なんですが、DELLの19インチデュアルに慣れたわが身には
少々キツかった、っていうか実際作業効率は落ちてました。
仕事環境の復活は非常に喜ばしいことです。
これでまたいろいろなことが進むでしょう。
効率UPで売り上げ倍増!なんてね(笑)


 最初に上げた写真なんですが、
7月のある日にCSNの外に出た時に
ガーデンプレイスの方向に見えた2本の虹です。
結構きれいに撮れたので載せてみました。

 ビジュアル的にはただ2本の虹がかかっているだけなんですが、
実際にはあまり見ることのないものだというレア感も相まって
私の中にはとても強い印象を残しました。
まるでこの2本の虹の幅くらいの大きな虹を見たかのような・・・。
人の目と同じかな。目の大きさは変わらなくても、
その上に1本の線があるだけでとても目が大きいような気がする。
ま、定義の問題ですが。

 虹の上にもう一つ“盛られた”虹は
少なくともそれを見たCSNメンバーの心を
“盛り”上げたようですよ。




blogranking.gif

ブログランキング・にほんブログ村へ

↑ブログも“盛って”いきますか!
posted by CSNメンバー at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック